皆さんこんにちは。
FLOWERCAMERAです。

「私のカメラ(オリンパス)、すごく赤が濃いんですけど…」

レッスンに来らるお客様からこう聞かれることがあります。

以前の記事で、オート(オリンパスの場合はiAUTO)で撮ると、ピクチャーモードが強制的に「iFINISH」になり、赤が濃くなる(潰れる)ケースが多いことをご紹介しました。

オリンパスで撮った写真は赤みが強い?それは”iAUTO”と”i-Finish”が原因かもしれません!

でも、オート以外のモード(P・A・S・M)で、ピクチャーモードが「iFINISH」でない場合も、人の顔がやけに赤く写ることがあります。

今回はこの原因と対処法をご紹介したいと思います。

赤みが強く写るのはこんなとき

撮った写真がなんとなく赤っぽく写るのは「撮る場所の光の色が赤いとき」です。

例えば、夜、部屋の明かりだけで撮るとき、電気が「赤い電球色」だった場合によく起きます。
光の赤みが、写真に濃く残ってしまっているという状態です。

レストランや居酒屋、また自分の家のリビングやダイニングも、赤く光る照明にしてる方が多いと思います。
皆さんのお部屋の電気の光は何色ですか?


赤みが強く写るのは「ホワイトバランス」の調整がうまくいっていないから

写真が赤っぽいのは「ホワイトバランス」の調整がうまくいっていないのが原因です。

ホワイトバランスは普段は「オートホワイトバランス(AWB)」に設定しておくのが一番オススメです。
オートホワイトバランスにしておくと、「撮る場所の光の色」の変化をカメラが認識して、「白いものを白く写そう」と色合いをコントロールしてくれます。

赤みが強い場所なら、青をプラスして赤みを取る。
青みが強い場所なら、赤をプラスして青みを取る。
簡単に言えばこんな仕事をしてくれます。

写真では「白いものを白く撮る」ことが基本なので、とても大事で、とても便利な機能です。

今回の「オリンパスは赤みが強い」というのも、「オートホワイトバランス」にしているのに、「電球色の赤み」が強めに写真に残っちゃっているというのが原因です。

「オリンパスはホワイトバランスのコントロールが下手なの?」
と思ってしまうかもしれませんがそんなことはありません。

赤い光で撮ると赤みが残るのは、実はこんな機能が付いているからなんです。

WBオート 電球色残し

「WBオート電球色残し」…
オリンパスのカメラには、今回の原因そのままを言葉にしたような設定があります。

この設定は、カメラのカスタムメニュー内の「画質/色/WB」の中にあり、デフォルトではONになっています。

この「WBオート電球色残し」をOFFにすれば、電球色の部屋で撮って、赤みが強いということは無くなります。
逆に白くなりすぎて「蛍光灯の部屋か?」と思うくらいかもしれません。

もし、iAUTOで撮る場合だと
ホワイトバランス → オート
WBオート電球色残し → ON
ピクチャーモード → 「iFINISH」
と、設定的にも「赤赤赤」と濃くなりやすい状態です(笑)

はじめは僕も「うわっドギツイ…」と思いました。

(最近の機種は「iFINISH」の赤の濃さが少し薄くなった気がします)

赤みを付けて撮ることが悪いわけじゃない

「WBオート電球色残し」をOFFにすると、これまでが嘘のようにスッと赤みが消えるはずです。
皆さんがアレっ?と思っていた「赤」は、メーカーがわざと付けていた「赤」ということです。

オリンパスはオートホワイトバランスの色のコントロールについて、ホームページに次のような記載しています。

オリンパスでは基本的に「その場の雰囲気を残した」 色に補正 ( 例: 夕焼けや電球の赤、蛍光灯の緑を少し残して補正 )します。

例えば「家族みんなで楽しく夜ご飯」というイメージを頭に思い浮かべると、なんとなく暖かな感じ、色味的には赤っぽいイメージですよね?

もし、色味が白っぽかったらお昼ご飯のような感じに写りますし、少し青みがかかっていれば朝ごはんのような感じに写ります。

だから、オリンパスはわざと暖かい雰囲気(赤)を足してくれていたというわけです。
プロの撮影でも「家族みんなで楽しく夜ご飯」なら少し赤みをつけるケースが多いです。

色合いも微調整できるようになりましょう!

「暖かい雰囲気」を写すために少し赤めに撮る。
これはよくある手法です。

でも「自分が撮りたい赤さの具合」をカメラ任せにするのは無理です。

やはりココは自分でしっかりコントロールしないと写真は上手くなりません。
とても大事なところですし、とても面白いところでもあります。

写真でとても大事な「青・白・赤」の色合いを自分でしっかりコントロールするには!
「ホワイトバランスの微調整」を覚えましょう。

オリンパスのカメラは「CWB(カスタムホワイトバランス)」で微調整します。

カメラが決めてくれた色合いを見て…
もう少し青く!
もう少し赤く!

本当は難しい色合いのコントーロールもミラーレスならとても簡単!
色合いの微調整の具合もリアルタイムでモニターで見せてくれます。
モニターで被写体を見ながら「CWB」で自分の撮りたい色味を作りましょう。

赤い?青い?ホワイトバランスの微調整を覚えれば… 修正も表現も自在です!

CWBで色合いを微調整するなら、「WBオート電球色残し」はONでもOFFでもどちらでもいいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

※ CWBで色合いを微調整して撮った後は、必ずWBオートに戻しましょう!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク