初心者さんにやさしい ミラーレス一眼写真教室

せっかくカメラを買ったけど、
スマホの写真とあんまり変わらない…

トリセツ読んでも言葉が難しくて分からない…

自己流だから一度しっかり基本を知りたい…

写真教室に行って、
周りがみんな一眼レフだったら肩身が狭そう…

ちゃんと覚えて使いこなしたい!

FLOWERCAMERAは、そんな皆さんのための ミラーレス一眼カメラの使い方教室 です。

最初はなるべく「自然光だけ」で撮ってみよう

カメラで露出補正

スマホで露出補正

① 被写体にカメラを向け、なんとなく構図が決まったら、ピントを合わせたいところをタップします。

② タップしたところに黄色い枠が表示され、ピントと明るさを合わせてくれます。

③ 黄色い枠の右側に「太陽のようなマーク」が出ていることを確認したら…

④ 画面のどこでも良いので「上にスワイプ」すると「明るく」できます。

⑤ 反対に「下にスワイプ」すると「暗く」できます。

⑥ 画面に写る被写体をよく見ながら、指を上下にスワイプして、じっくりとお好みの明るさに仕上げてから撮ります。

※ 少し時間が経つと、決めた明るさが元に戻ってしまうことがあります。
その場合は、また①の手順からやり直しましょう。

① 被写体にカメラを向け、なんとなく構図が決まったら、ピントを合わせたいところをタップします。

② タップしたところにマークが表示され、ピントと明るさを合わせてくれます。

③ 撮影画面に「明るさ調節スライダー」が出たら…

④ スライダーを「上にスワイプ」すると「明るく」できます。
(横位置で構えた時は「右にスワイプ」

⑤ 反対に「下にスワイプ」すると「暗く」できます。
(横位置で構えた時は「左にスワイプ」

⑥ 画面に写る被写体をよく見ながら、じっくりとお好みの明るさに仕上げてから撮ります。

※ Androidは機種の違いによって、画面や操作が異なりますが、大体どの機種も「太陽みたいなマーク()」や「()マーク」が目印で、それが出たら上下か左右にスワイプすれば、明るさを変えられると思います。

これまで、カメラメーカー主催の写真教室で、
初中級コースを1,000名以上
担当させていただいた経験から…

操作は出来るだけ簡単に、
でも楽しくキレイに撮るを目標に!

初心者さんが最初に覚えておきたい
大事なポイントを、コンパクトに
ギュッとまとめてご紹介しています。

FLOWERCAMERAはプロカメラマンや
写真家を目指す教室ではありません。

普段の大切な写真こそ、
楽しく、大事にキレイに撮って欲しい!

そんな思いを込めてスタートさせた、
ミラーレスだけの小さなお教室です。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

お家で写真を楽しむためのコツ
まとめてみました!

いつまで続くかわからないコロナ禍の中、
カメラ教室もクローズしていたり、
そもそもお出掛けしにくいご時世です。

でも! カメラの練習は自宅でできます。

ミラーレスでもスマホでも、
ちょっと時間を作って遊んでみませんか?

できるだけカメラ(スマホ)任せで
キレイに撮るコツ

簡単ですぐに使えるテクニック をご紹介します。

写真を楽しく撮りたい
初心者さんにおすすめです!

モノのカタチを
キレイに撮りたい!

料理や小物の写真を撮ったとき、
「なんとなく歪んでる気がする」とか、
「モノの同士の大きさのバランスがなんかおかしい(手前がやけに大きく写る)」とか、
そうお感じの方は結構多いと思います。

それは、被写体に近付きすぎているせい
かもしれません。

スマホでもカメラでも、
近付きすぎると、モノの形が歪んだり、
前後に並ぶ被写体同士の大きさが、
少し変に写ってしまうことが多いです。
(丸いお皿が楕円に写ったり…)

ですので、そういうときは反対に、
少し離れて撮るのがオススメです。

でも、ただ離れるだけだと
被写体が小さくなってしまうので、
プラス、ズームして(望遠側で)撮る
モノの形やバランスがキレイに写ります。

スマホだったら、とりあえず 2x にして、
いつもより少し離れて撮ってみましょう。

※ ズームに強いスマホなら 3x でも

※ 倍率が表示されない(シングルレンズの)
iPhoneなら、ズームバーの真ん中ぐらいで

いわゆる「物撮り」が好きな方には
特に大事なコツですので、
ぜひ一度お試しください!

詳しくは動画で ↓

写真で大事な、
光の向きで遊んでみよう

下の3枚の写真は、
それぞれ印象が少し違います。

設定はカメラ・スマホ任せ(明るさ以外)で
同じですが、
違うのはコップに当たる光の向きです。

すごくざっくりですが…
1枚目は光がコップの前側から、
2枚目は横側から、
3枚目は後ろ側から当たっています。

この「被写体に当たる光の向き」というのは、
何を撮るときでもとにかく大事です。

初めのうちは難しいことはカメラに任せて、
「光の向き」を意識してたくさん
撮って遊ぶのがオススメです。

早いうちに感覚やコツを身につけると、
写真の楽しさは倍増です!

ただし、底無しに奥が深い(そこが楽しい)ですが…

詳しくは動画で ↓

「光の向き」で写真をもっと楽しく
こちらの記事もオススメです!

部屋のどこで撮るかで
美味しさも変わる?!

さて問題です。

下の写真はBの方が
色もキレイで美味しそうに見えますが、
それぞれ、一眼カメラか? 
それともスマホか? 
どちらで撮ったでしょうか?

それぞれ ◯ をチェック!

一眼カメラ スマホ
一眼カメラ スマホ

正解!!
どちらも同じスマホで撮りました

残念!
どちらも同じスマホで撮りました

どちらも同じスマホで、さらに設定も
明るさ以外は全てオートで同じなのに、
Bの方が立体的ですし、
色もキレイで美味しそうです。

実はこの2枚、撮った時間も同じですが、
撮った場所が違うんです。

Aの写真を見ると、
お皿の下にクッキリと影が出ています。
これはテーブルの上にある
「天井のライトの光」で撮ったときに
良くできる影です。

一方、Bの写真は天井の電気を消して、
「窓際で自然光だけ」で撮っています。

ちなみに、影を見れば
「光の向き」もなんとなくわかります。
Aは「上」から、
Bは「斜め後ろ」くらいから
光が当たっています。

初めは「なるべく自然光だけで撮りたい
と思って、撮る場所や時間を考えると、
写りはガラッと変りますし、
色もキレイで楽しいと思います。

夜に撮るとか、地下や窓のない部屋で撮るとか、どうしても自然光が無理なときもありますが…

詳しくは動画で ↓

写真の明るさを変える
2つの方法

さて問題です。
今からこの写真を…

2通りの方法で「明るく」してみます。
何が違うか分かりますか?

写真は実際に目で見えるよりも、
「影の部分」が暗く写りがちです。

「目で見る明暗差と、
写真に写る明暗差はだいぶ違う」

これは、皆さんもお感じだと思います。

そして、その暗さを露出補正で明るくすると、
今度は明るい部分がどんどん飛んで、
真っ白になってしまいます。
(Aの写真のように)

「思い通りの明るさで撮れないなぁ」
と困ったそんなとき、「暗い分だけを明るくできる魔法」
があったら、使ってみたくありませんか?

それは「シャドウ補正」という
(渋い)魔法で、
皆さんお持ちのスマートフォンでも
簡単に掛けられます。

これまで撮った「暗い失敗写真」も
「見違えるほど良い写真」に
変身させられる
かもしれませんので、ぜひお試しください。

コンテンツは随時追加の予定です

どうして?ミラーレスだけ・・・・・・・??

良くこのように聞かれます。

ミラーレスと一眼レフの違いは、
大きさや重さなどと言われがちですが、僕が思う一番の違いは
「写真の撮り方」そのものです。

もともと写真には
「経験や勘」が必要な部分がたくさんあり、
初心者さんにとっては大きな壁だと思います。

ミラーレスカメラの最大のメリットは、
本当は難しい「経験と勘」の部分を、
デジタルの力で
しっかりサポートしてくれるところ

です。

ミラーレスをお持ちの皆さんに、
ミラーレスの撮り方をご紹介するお教室なので、
ミラーレスだけという訳なんです。

レッスンコースのご紹介

ミラーレスカメラの操作と、
写真のキホンを
しっかり覚えていただくために、FLOWERCAMERAでは
2つのコースをご用意しております。

初心者さんでも素早く、
しっかりステップアップできるように
プログラムを考えました。

ミラーレスのキホンを
ギュッとコンパクトに
ひとまとめレッスン

操作のキホンと写真のキホンをしっかりと

「キホンかぁ」
と思われるかもしれませんが…

FLOWERCAMERAでご紹介するキホンは、
風景やお花、そして料理からお友達まで!

普段の撮影シーンのほとんどをカバーする
スペシャルなキホン・・・・・・・・・ です!

カメラをシンプルに操作して、
楽しく、簡単キレイに撮るための
コツをご紹介します。

初心者さんはもちろん! 
自己流で頑張って来たけど
何となくイマイチ…という方にも!

ミラーレスをお使いの皆さんにオススメの、
とっても大事なレッスン・・・・・・・ です。

レンズと光で
もっと楽しくキレイ
カメラの操作よりも大切なこと

ステキな写真はレンズと光で出来上がる

LESSON 1で、
カメラをシンプルに操作するコツと、
写真を撮るときの大事なポイントを覚えたら…

さっそくレンズ・・・
美味しいところを覚えていきましょう!

「LESSON 1は基本で
LESSON 2は応用ですか?」

このように聞かれることが多いのですが、
LESSON 2も大事なキホンです。

カメラの操作より大切な
「レンズと光のキホン」をメインに、
また「シャッター速度」についても
じっくりご紹介しています。

簡単キレイ!
そして楽しく写真を撮るための、
とっても美味しいレッスン・・・・・・・・ です。

受講者様のご感想

受講後にいただきましたアンケートより、
皆さまのご感想を一部ご紹介いたします。

今までなんとなく操作していたので、「こう撮りたい時はどの手段で調整すればいいのか」という理論が分かったのが良かったです。少人数なので聞き易い雰囲気も良かった。
20代|女性

難しすぎなかったので無理なくついて行かれました。内容以外のことも色々伺えて勉強になりました。習ったことをまず実践してぜひ次のレッスンも受講したいと思います。
40代|女性

会場が普通の一軒家?なので初めは少し戸惑いましたが、レッスンの内容がとても良く、本当に参加して良かったと思います。ありがとうございました。
20代|女性

ミラーレスを買ったのに、普通のデジカメと同じ使い方ではもったいないと思い参加しました。非常に分かりやすく、楽しく受講することができました。
30代|男性

とても楽しかったです!丁寧に教えていただき、これからもっとカメラを極めていきたいなーと思いました!
30代|女性

店員の方に勧められミラーレスを買いましたが、周りの友人は一眼レフを使っています。本当にミラーレスを買って良かったのか?と少々悩んでいましたが、レッスンを受けてミラーレスの撮りやすさを実感できました。
30代|女性

テキストがとても分かりやすかったです。説明書を読むのが苦手なので、このテキストを説明書代わりにじっくり覚えていきたいと思います。ありがとうございました。
30代|女性

レッスンデータ

FLOWERCAMERA,ミラーレス,カメラ,スマホ,写真,教室,初心者 FLOWERCAMERA,ミラーレス,カメラ,スマホ,写真,教室,初心者 FLOWERCAMERA,ミラーレス,カメラ,スマホ,写真,教室,初心者 FLOWERCAMERA,ミラーレス,カメラ,スマホ,写真,教室,初心者

お持ちのカメラ

OLYMPUS|PEN、OMDシリーズ

SONY|αシリーズ

Canon|EOSMシリーズ

Panasonic|LUMIXシリーズ

FUJIFILM|Xシリーズ

PENTAX|Qシリーズ

NIKON|Jシリーズ

インストラクター

FLOWERCAMERA
島崎 恵介

FLOWERCAMERAにいいね!

応援よろしくお願いします!

少人数でじっくりレッスン

FLOWERCAMERAのレッスンは
定員1〜6名様の少人数制です。

お一人お一人の理解度を確認しながら、
丁寧なレッスンを心がけていますので、ご質問もどうぞお気軽に!

写真教室に行って、
周りがみんな一眼レフだったら肩身が狭そう…

そんな風にお思い方もどうぞご安心ください。

FLOWERCAMERAのお教室は ミラーレスだけ ・・・・・・・です!

お隣さんもお向かいさんもミラーレスですので、
ぜひミラーレス友達を作ってください。(^o^)/

前日までお申込みOKです

せっかく買ったカメラだし、
しっかり覚えてキレイに撮りたい!

今のそのお気持ちを覚まさないために…
お席が空いていれば前日までお申込みOKです。

思い立ったが吉日です。

レッスンはWEBサイトでも

どんな内容をやるのか不安…

自宅でゆっくり覚えたい…

遠くて行けない…

そんな方のために!

FLOWERCAMERAのレッスンは
サイト上でもご体験いただけます。

サイトをご覧になって、
「これは知っておいた方が良さそう!」
と思われたら、是非レッスンにご参加ください!

実際のレッスンでは、
撮影に役に立つ細かいテクニックも
織り交ぜながらお話していきます。