TOP > <撮り方ブログ> 雑学・小ネタ > 絞り、シャッター速度、ISO感度の関係が苦手… 露出の仕組みはカメラから教わるのが1番です! > Page 2

絞り、シャッター速度、ISO感度の関係が苦手… 露出の仕組みはカメラから教わるのが1番です!


”プログラムオート”から学ぶ、露出のルールとは?

プログラムオートが守る露出のルールは3つ…

ルール1|なるべく”手ブレしないシャッター速度”をキープする。

ルール2|なるべく”低いISO感度”をキープする。

ルール3|ルール2よりルール1を優先する。

これだけです。

では、それぞれを詳しくご紹介していきます。

 

ルール1|なるべく手ブレしないシャッター速度をキープする。

手ブレ(カメラブレ)の失敗は『写真の4大失敗』の1つです。

カメラはまず、皆さんが手ブレしないような”シャッター速度”をキープしようと考えます。

カメラによって、多少の違いはありますが…
なるべく ”1/60秒” 以上の”シャッター速度”をキープ。

また、画角が狭い”望遠レンズ”を付けた時は、よりブレやすくなるので…
なるべく ”1/125秒” 以上をキープ。

この”シャッター速度”と”手ブレ補正”を合わせれば…
手ブレ(カメラブレ)の失敗は、ほぼクリアできるハズですよね?

皆さんがマニュアル露出モードで撮る時も…
まずは、なるべく手ブレしないシャッター速度から考えましょう。

 

ルール2|なるべく低いISO感度をキープする。

ISO感度を上げるほど、画質が悪くなるのは皆さんもご存知だと思います。

ISO感度を”ISOオート”に設定しておけば…

皆さんがキレイな画質で撮れるように…
カメラは、なるべく”低いISO感度”をキープしようと考えます。

皆さんがマニュアル露出モードで撮る時も…
”なるべく低いISO感度をキープ”です。

 

ルール3|ルール2よりルール1を優先する。

「あれ?絞りは?」と思われるかもしれませんが…

ルール1とルール2を守ろうとすれば、なるべく多くの光を取り込む必要があります。
そのため、絞りは”開き気味”だったり”全開”だったり…
なるべく明るい状態を保ちます。

皆さんがマニュアル露出モードで撮る時も…
”開き気味”、もしくは”全開”にしておいた方が、失敗も少なくキレイな写真が撮れます。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

さて、シャッター速度が ”1/60秒” を下回りそうになったら…
(ルール1が守れなくなりそうになったら…)
カメラはルール2を破って、”ISO感度”をグーっと上げていきます。

ルール2よりも、ルール1の方が大事なんです。

シャッター速度を遅くして手ブレで失敗するか?
ISO感度を上げて、手ブレしにくい”シャッター速度”をキープするか?
後者の方がいいですよね?

ただ、ISO感度を上げると言っても限界があります。
もし、最高感度まで上がってしまったら…

最後は、やむなく”ルール1”も放棄します。

もう”ルール1”を破らないと写真は真っ暗になります。

手ブレしないけど、暗い(真っ暗)写真が良いか?
手ブレするかもしれないけど、明るさが合っている写真が良いか?
まだ後者の方がいいですよね?

後は、その場所の明るさ(暗さ)に合わせて、シャッター速度をどんどん遅くしていくだけです。
皆さんは手ブレに要注意です。

プログラムオートから学ぶ、露出を動かす順番とは?

皆さんがカメラを被写体に向けたとき、プログラムオートはこんな風に思っているハズです。

絞り:なんでもいい。
シャッター速度:ルール1が守れればなんでもいい。
ISO感度:なるべく低感度にしたい。

結構アバウトですよね?

ISO感度を最低感度に。
シャッター速度を、1/60秒(望遠レンズなら1/125秒)に。
(手振れ補正はONに)

先に2つをルールに沿って決めてしまえば…
残る絞りは、その場の明るさに応じて自ずと決まります。

簡単ですよね?

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

しかも、皆さんがお使いのミラーレスカメラなら…
露出を変えると、ファインダーやモニターに映る被写体の明るさも同時に変わります。

まず、ISO感度とシャッター速度をセットして…
あとは、モニターの明るさを見ながら絞りを動かしていけば…
簡単に自分好みの明るさに合わせることが可能です。
(一部、明るさが反映しない機種もあります)

一眼レフをお持ちの方は、先にライブビューで”写る明るさ”を合わせて、ファインダーに戻して撮るのもアリですよ。

ただしここで、2つの行き止まりが待っています。

それは…
① 絞りを”最大F値”にしても明るい場合… と
② 絞りを”最小F値”にしても暗い場合… です。

では、プログラムオートだったらどうするか?
教えてもらいましょう。

① 絞りを”最大F値”にしても明るい場合

これは、周りがとても明るい場合に起こります。
この場合、プログラムオートなら”シャッター速度を速くして暗く”していきます。

シャッター速度は”ルール1”さえ守られていれば何でも良いんです。
速くするほどブレの心配も減るので、逆に好都合ですね!

ただ、実際の制御はもう少し細かくて…
F値を最大にする少し前から、先にシャッター速度を速くする場合もあります。
これは、F値を最大にすると画質が悪くなってしまうからです。

物凄く明るい場所(被写体)に出くわすと…
絞り → 最大F値に。
シャッター速度 → 最高速度に。
ISO感度 → 最低感度に。
いずれはこの状態になります。

それでも写る写真が明るい場合は、もうそれ以上暗くすることはできません。
あとは、レンズの前に光を弱めるフィルターを付けたりするしかありません。

② 絞りを”最小F値”にしても暗い場合

こちらは頻繁に起きるケースです。
プログラムオートならどうやってクリアしていくか?
見ていきましょう。

◎ ISO感度を上げる。

シャッター速度はこれ以上遅くしたくない…
絞りは開放まで開いている… となれば…

ルール2を破って、ISO感度を上げていきます。
晴天+日中+屋外くらいの”明るさ”がないと、なかなか最低感度で撮り続けることは難しいですね。

そして、”ISOオート”で上げられる上限感度に達したら次の手です。

 

 シャッター速度をさらに遅くする。

最後はルール1を破って、ひたすらシャッター速度を遅くしていきます。
手ブレに要注意です。

ルールと順番に効果をプラス!

単純に”写真の明るさ”を合わせるだけなら…

ルールさえ守られていれば、絞りとシャッター速度はなんでもOK!
ISO感度はなるべく低く!

意外とシンプルです。
もう皆さんも、マニュアルで撮れそうな気がしませんか?

でももう1つ、大事なことを忘れることはできません。
それは、絞りとシャッター速度を変えると、明るさと同時に”効果も変わる”という事です。

絞りで変わる効果は”ボケの表現”です。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

絞りを開ける(F値を小さく)とボケの量が増えます。
反対に、絞る(F値を大きく)とボケの量が少なくなり、背景までピントが合ったように撮れます。

また絞りは、”最も開けた状態(開放F値)”にすると、レンズの描写が甘くなることがあります。
反対に絞りすぎても画質が悪くなる(回折現象)ことがあります。

シャッター速度で変わる効果は、”動きの表現”です。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

シャッター速度を速くすれば、動いている被写体をピタッと止めて撮れます。
反対に遅くすれば、わざとブラして作画的な写真を撮ることもできます。

写る明るさ、狙う効果、デメリットなどをトータルで考えて組み合わせるのが…
”露出のコントロール”です。

カメラを使いこなしている感じがしますよね!
撮影がもっと楽しくなるハズです。

三脚を使えば… ”自由”を手にできる?

今回、プログラムオートから教わったルールと順番は…
実は、”カメラを手持ちで撮影する場合…”という注釈付きです。

カメラを三脚に固定して撮れば、手ブレの心配が要らなくなります。
すると…
”ルール1”を守る必要が無くなってしまうんです。

ISO感度を上げるのも、絞りを開けるのも…
全ては”ルール1”を守るためです。

ココは最低感度でキレイに撮りたいのに…
ココは絞りを『F8』にして撮りたいのに…

手ブレの失敗を防ぐことを優先する限り、皆さんはルールと順番に縛られます。

三脚を使うメリットは、ブレを防ぐことですが…
最大のメリットは、ルール1を無視して自由に露出を組み合わせて撮れることです。

今度三脚で撮るときは、この自由さを噛み締めながら撮影してみてくださいね(笑)

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

三脚を使用する際は、周囲の状況に気をつけましょう。
使用禁止の場所もありますので、事前のチェックをお忘れなく!

知っていることが大事です!

露出の仕組みは何となくイメージできましたでしょうか?

文章だとどうしても複雑に感じるかもしれませんが…
本当にシンプルな仕組みです。
誰でもすぐにマスターできちゃいますよ!

ただ、分かったからと言って、常にマニュアル露出モードで撮る必要はありません。

プログラムオートで撮るときも…
絞り優先やシャッター速度優先で撮る時も…

仕組みを理解していると、もっと思い通りに撮れたり、事前に失敗を回避できたり…
皆さんのレベルはグッと上がり、さらに撮影が楽しくなるハズです。

普段使いなら”プログラムオート”。
ボケ感をコントロールしたければ”絞り優先”。
動感をコントロールしたければ”シャッター速度優先”。

ボケ感も、動感も、明るさも、同時に全て自分でコントロールしたいときは…
いざ、”マニュアル露出モード”の出番です!

 

ISOオート?露出補正?AEロック?新しい”マニュアルモード”使い方

最近のマニュアルモードは凄く進化しています。
写真の撮り方が変わってしまうかもしれません…

Written by

FLOWERCAMERA