超時短!iPhoneのカメラ設定を ワンタップで開ける 便利なショートカットを作ったら、Siriでも開けるようになった

カメラの設定をちょっと確認したいだけなのに、をタップして メニューをずーっと下に降りていって…

iPhoneをお使いの方は、カメラ設定の場所を探すのに 苦労されたことがあるはずです。

もちろん僕も、設定を触るたびに 遠いな…と思います。

でも、iPhoneのiOS 13から標準搭載された ショートカット機能を使えば、カメラ設定もワンタップで開くことができます。

今回は たまに開く iPhoneのカメラ設定が、メニューの奥すぎて 毎回探してしまう という方の為に… 専用ショートカットを作ったらワンタップで開けるようになりますよ!というお話です。(タップすら不要かも)

こうだったのが

こうなります

当社比

もしよろしかったら どこか隅っこにでも置いてお使いください。

※ iOS16.1.1、iPhone 14 Proの環境でご説明しています。

カメラ設定を開くショートカットを iPhoneに追加

ショートカットって何だかややこしそうで、触らず嫌いな方も多い(僕もそうです)かもしれませんが、慣れたらそれ程 難しくありませんし、触ってみると意外と面白いんです。

あまりカスタマイズできない iPhoneの使い勝手を、自分で色々と工夫できる面白さに、今回を機にハマっていただくのもアリかと思います。

ショートカットアプリの確認

まず最初に お使いのiPhoneにショートカットのアプリがインストールされているか? 確認しましょう。

こんなアイコンです

もし 削除してしまった場合は、先に App Storeからインストールしておきましょう。

では 早速、ショートカットを作っていきます。

工数は少し多めですが 全然難しくありませんので、飲み物でも飲みながらゆっくりいきましょう。

◎ ショートカットを開いて +をタップします。

◎ 画面下の検索欄に「URL」と入れ、候補に並ぶ「URL」をタップします。

「apple.com」の文字部分をタップし、「prefs:root=CAMERA」と入力します。(コピペ推奨)

続けて、下に並ぶ「URLを開く」をタップします。

※ 「URLを開く」が 並んでいない場合は、画面下の検索欄に「URL」と入れ、候補に並ぶ「URLを開く」をタップします。

青枠内が同じかどうかを確認します。

ショートカット名(URLを開く)をタップします

「名称変更」をタップし、ショートカット名を「カメラ設定」に変更し、さらに 必要であれば「アイコンを選択」で 色やアイコンをお好きなものに変更します。

青枠内が同じかどうかを確認したら、をタップします。

「ホーム画面に追加」をタップします。

「追加」をタップします。

◎ 出来上がったショートカットを、ホーム画面のお好きな場所に配置します。(ここで終わりではありません)

ショートカットアプリに戻って 完了をタップします。

◎ 最後に完了をタップします。

◎ ショートカットが登録されました。

動作確認を行いましょう

お疲れ様でした。

ショートカットは ウィジェットとしても置けますので、ホーム画面やウィジェットエリアに 写真に関係するものと一緒に並べておくとさらに便利になります。

iPhoneまたはiPadのウィジェットからショートカットを設定して実行する(Appleサポート)

自作ショートカットは Siriでも開ける

作成したショートカットは Siriに頼んで 開いてもらうことも可能です。

Siri でショートカットを実行する

作成したショートカットはどれでも、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch、または HomePod の Siri に頼んで実行できます。「Hey Siri」と話しかけて、ショートカットの名前を伝えてください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT209055

ただ、僕もそうですが…「Hey Siri」が未だに慣れない方は、サイドボタン(またはホームボタン)の長押しでも Siriを起動できるので、「カメラ せってい」と呟くだけでOKです。

しかも ロック画面(解除後)からでも、他のアプリを使用中でも 切り替えてくれます。

YouTube からの「カメラ設定」

Siriはカメラも開いてくれますから、iPhoneは「カメラ」や「カメラせってい」と、声で操作するのが 一番早くて簡単なスマホなのかもしれません。

楽しい ショートカットの使い方は Appleのサポートも合わせてご覧ください。

ショートカット ユーザガイド(Apple)

そろそろ変化があってもいいのでは?

iPhoneのカメラ設定の位置って昔から変わらず あの位置にあります(笑)。

しかも、年々 OSの他の機能が上に追加され、さらに下に追いやられているような気もします。

ちなみに、Google Pixelの場合「カメラ設定」へは撮影画面から簡単にアクセスできます。

カメラのことはカメラの中で完結

確かに、カメラ設定の中にある項目は、頻繁に開いて変えるようなものばかりではないと思いますが、たまに「変えたい」と思った時に、場所を忘れてしまうほどアクセスが悪いというのは、やはり使いにくさを感じます。

だからと言って、カメラアプリの操作系をガラッと変える必要はなく、せめて撮影画面の中に カメラ設定に飛べるボタンを追加してくれるだけでも、使い勝手はだいぶ違うと思うのですが…

さて、カメラの設定がワンタップ or 声で開くようになりましたので、もしまだの方は、撮影画面に定番の「グリッド線」を出すように設定を変えてみてはいかがでしょうか?

家に帰ってから気付く、微妙に傾いた悔しい写真を減らせます

意外と知らない?!iPhoneのカメラで「グリッド線」を出す方法|真俯瞰撮影のサポートマークも

最後までご覧いただきありがとうございました。

普段の何気ない瞬間こそ
大事にキレイに撮ってほしい

FLOWERCAMERAは、そんな想いではじめた小さな写真教室です。
皆さんが写真を楽しく撮れるよう お手伝いができたら嬉しいです。

新しい記事

難しいことは後回し!
はじめは楽しく
簡単・おいしいとこから
覚えよう!

長引くコロナ禍、なかなかお出かけしにくい状況ですが、そんなときこそ、ご自宅でじっくり写真で遊んでみませんか?

「簡単だけど大事なコツ」をまとめてご紹介する特別ページを作りました。
スマホで撮る方にも是非オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です