写真を楽しむためのヒントを動画にしてみました!

お出かけしにくいコロナ禍の今だからこそ、お部屋でゆっくり・じっくり、写真で遊んでみませんか?

意外と知らない?!iPhoneのカメラで「グリッド線」を出す方法


iPhoneのカメラってめちゃくちゃキレイに撮れます。
しかも、ちょっとした外出のときも、いつも手元にあるのでシャッターチャンスにもめっぽう強いです。

たとえカバンの中に入れていても、「あ、撮りたい!」と思ってからシャッターを切るまでの時間の短さは、カタログのスペック表には載らない大事な「性能」だと思います。

でも、そんなiPhoneのカメラで写真を撮るとき、結構あいまいになりやすい水平と垂直のライン。

すごくキレイな光でも、すごく可愛い被写体でも…
後で「縦や横の微妙な傾き」に気が付くと結構ガッカリしませんか?

実は、iPhoneは「いわゆるカメラ」と同じように、画面に縦横のラインの傾きを確認できるグリッド線を出すことができます。

ただ、意外と知らない方も多いようで、僕の画面を見て「え?その線どうやって出すんですか?」とよく聞かれますので今回は記事にしてみました。
とっても簡単なのでおすすめです。

グリッド線のON/OFFは「設定」から

僕も昔、グリッド線を出そうとカメラアプリの中のメニューを色々探しましたが、全く見つけられませんでした。
実は、iPhoneのデフォルトカメラアプリの「グリッド線」の表示のON/OFFは、ホーム画面にある元々の「設定」の項目の中で変更します。

設定を開いたらそのまま下の方に進んで行くと、「カメラ」の項目があります。
(結構下の方です)

「カメラ」をタップすると…

「グリッド」が見つかりますので、有効(緑)にします。

設定は以上です。
では、カメラを立ち上げて画面を見てみましょう

Written by

FLOWERCAMERA