絞り・シャッター速度・ISO感度の関係は苦手だという方…
初心者さんには特に多いと思います。

でも!
露出の仕組みって、実はそんなに難しくないんです。
苦手という意識に、”難しいモノだ!”と思わされているだけなのかもしれません。

絞り、シャッター速度、ISO感度の関係をいつかマスターしたいと思っていたら…
もう今日覚えてしまいましょう!

初心者さんにも分かりやすいように、じっくりご紹介していきます。

絞り・シャッター速度・ISO感度は何のため?

絞り、シャッター速度、ISO感度は何のために動かすのか?といえば…
まずは、”露出(写真の明るさ)を決めるため”です。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

マニュアル露出モードで、ぞれぞれ適当な値にセットして撮ってみると…
真っ暗だったり、真っ白だったり…
写る明るさは滅茶苦茶なハズです。

絞りを開ける(F値を小さく)と写真が明るくなります。
反対に、絞る(F値を大きく)と暗くなります。

シャッター速度を遅くすると写真が明るくなります。
反対に、速くすると暗くなります。

ISO感度を感度を上げると写真が明るくなります。
反対に、感度を下げると暗くなります。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

どこかで聞いたことありますよね?

明るくする方法が”3通り”…
暗くする方法も”3通り”…

じゃぁ、実際に明るくしたいと思ったとき…
どの方法で明るくすれば良いの?

この辺が分かり難いんじゃないかなと思います。


絞り、シャッター速度、ISO感度を変えて”明るさ”が変わるのは”マニュアル露出モード”の時だけです!

ここも初めは分かり難いところです。

例えば、絞り優先で”F値”を動かしても、写る明るさは変わりません…
シャッター速度優先で”シャッター速度”を動かしても、同じく明るさは変わりません。

”明るくなる・暗くなる”と言っているのに、操作しても変わらないんです。

それはどうしてか…
悩ましいですよね?

これは、マニュアル露出以外のモードでは、”写真の明るさ(露出)をカメラが決めてしまう”からなんです。

仮に、カメラが決めた”ちょうどいい写真の明るさ”を『10』として…
皆さんが絞り優先で”F値を大きく”して、『9(暗く)』にしたとします。
するとカメラは同時に、シャッター速度、ISO感度を動かして、『10』に戻そうとします。

これが、”自動露出(AE)”の機能で、マニュアル露出以外のモードで撮るときは常に有効です。

皆さんが絞りを変えても、シャッター速度を変えても、明るさは常に『10』。
明るくも暗くもならないんです。

ただこれだと、カメラが決めた明るさでしか撮れなさそうですよね?
でも大丈夫です。
自分好みの明るさで撮りたいときは、”露出補正”を使えば簡単にパッと変えられます。

なんか暗い…?写真の明るさは『露出補正』で簡単!自在!

露出補正するということは…
私は『9(暗め)』で撮りたいとか…
ここは明るく『12(明るめ)』で撮りたいと、先にカメラに宣言するような感じです。

”プログラムオート”が教えてくれます!

いちばんはじめの写真レッスン』では、普段の撮影にプログラムオートをオススメしています。

プログラムオートを使えば、絞り・シャッター速度はカメラ任せです。
また、ISO感度もオススメの”ISOオート”に設定していればカメラ任せです。

面倒くさいことはなるべくカメラに任せて…
その分、皆さんは”撮ること”に集中した方が、楽しくキレイに撮ることができます。

絞り,シャッター速度,ISO感度,露出,仕組み,変え方,ルール,順番,マニュアルモード,使い方,ミラーレス,一眼,カメラ

一方、明るさを合わせるという重要な任務を任されたカメラは…
ある”ルール”と”順番”をしっかり守りながら、それぞれを上手に組み合わせていきます。

この”ルール”と”順番”がとても大事なんです!
これさえ覚えてしまえば、露出の仕組みがバッチリ理解できちゃいます。

では、プログラムオートは何を考えて、何をどう動かしているのか?
カメラから教わっていきましょう!

スポンサーリンク