カメラから? 画像から? iPhoneで QRコードを読み取る 2つの方法と、読み取れない(ピントが合わない)ときの解決策

LINEや Instagramで友達を追加するときや、チラシにプリントされたキャンペーンページを開きたいときなどなど…  いつの間にか QRコードのやり取りが日常的になっています。

今回は、お使いの iPhoneで QRコード読み取る、次の2つの方法を紹介していきます。

カメラで直接読み取る方法

Safari上や カメラロール内の画像から読み取る方法

さらに、読み取れない(ピントが合わない)場合の解決策も合わせてご紹介しますので、よろしければご参考ください。

ちなみに、QRは「クイック・レスポンス」の略称だそうです。

アクセス先にはご注意を!

QRコードをiPhoneのカメラで直接読み取る方法

まずは、目の前にあるQRコードをカメラで読み取る方法です。

と言っても 至って簡単で、カメラを立ち上げて 画面にQRコードを映すだけです。

さすがは iPhone、お手軽です(昔は出来なかったですが…)。

ちなみに、小さいQRコードを読み取る場合、iPhoneをグーっと近付けると ピントが合わなかったり、自分の影がコードに被って暗くなることがあるので、iPhoneの位置はそのままで、ズームアップで大きく映す方がおすすめです。

だいたい 20cm位の距離から、後はズームでコードの大きさを調整すれば、スムーズに読み取れると思います。

お試し用(小さい)QRコード

このサイトのTOPページが開きます

また 右下に表示されるアイコンをタップすると、URLをメールで送ったり、メモに保存したりなど、直接URLを開く以外の操作も可能です。

iPhone,QR,コード,読み込み,カメラ,

※ PayPayなど、特に決済系のQRコードを読み取る場合は、「カメラ」ではなく、それぞれの専用アプリで読み取る必要があります。

iPhoneで QRコードが 読み取れない・ピントが合わない・反応しない 場合

画面にQRコードを映しても 読み取り出来ない場合は、次の 2つが原因かもしれません。

読み取り機能が OFFになっている

カメラを開いて QRコードに向けても、一向に読み取る気配がない場合は、元々の設定が OFFになっている可能性があります。

設定から「カメラ」を開いて、「QRコードをスキャン」が有効(緑)になっているかを 確認しましょう。

iPhone,QR,コード,読み込み,カメラ,

iPhone,QR,コード,読み込み,カメラ,

デフォルトでは「有効」のはずですが、何かのタイミングで OFFにした可能性もあります。

「コードスキャナー」だと ピントが合わない?

iPhoneで QRコードを読み取る場合、カメラではなく「コードスキャナー」で読み取ることもできます。

コントロールセンター内の機能です(要設定)

こちらも素早く反応してくれます。

ただ ズームの操作が出来ないため、例えば 小さいQRコードを読み取るとき、近付くとピントが合わず読み取れない… 離れると QRコードが小さすぎて読み取れない… といった事が 起こり得ます。

特に ProシリーズのiPhoneは、画質を向上させるために メインカメラのセンサーが大きくなったので、他の機種より寄れる距離・・・・・が長くなりました。

小さいものを大きく写したいときは、超広角に切り替えるか、メインレンズのまま離れてズームすればOKですが、(現在の仕様だと)コードスキャナーはどちらも出来ません

「コードスキャナー ピント合わない」と検索して、このページにお越しになる方もいらっしゃいますが…

iPhoneで QRコードの読み取るときは、コードスキャナーより カメラを使う方がおすすめです。

ちなみに「離れてズーム」は写真を撮るときも良く使われる 大事なテクニックで、むやみに近付いて撮るよりも、わざと離れてズームアップして撮った方が、実は 写真っぽく イイ感じに写せます。

「コードスキャナー」の設定方法

コードスキャナーを試されたい方は、設定 → コントロールセンターと開いて、「含まれているコントロール」に「コードスキャナー」をドラッグで追加すればOKです。

iPhone,QR,コード,読み込み,カメラ,

iPhone,QR,コード,読み込み,カメラ,

お試し用(小さい)QRコード

このサイトのTOPページが開きます

追加後 要らないと思ったら、同じ画面で「コードスキャナー」の左側にあるをタップして削除を選べば リストから外せます。

iPhoneの画面に表示されている QRコードを読み取る方法

では次に、読み取りたい QRコードが iPhoneの画面の中にある場合です。

Safariのページに表示されている画像だったり、カメラロールに写真として保存されている QRコードは、ロングタップすると 読み取ることが出来ます。

※ ロングタップ = 何か反応があるまでタップしたまま

Safariの場合

カメラロールの場合

急いでいるときなど、とりあえず QRコードの写真だけ撮っておいて、後で読み取ることもできます。

この他のアプリの場合、取り敢えず QRコードを ロングタップしてみて、読み取れなければ 一旦 カメラロールに画像として保存してから ロングタップすれば大丈夫だと思います。

以前は 別のスマホを持ってきて読み取ったり、パソコンで同じページを開いて iPhoneで読み取ったりしていましたが…、「ロングタップ読み取り」を知ってからは、本当に便利 & 時短で助かります。

個人でもQRコードを作って有効活用

QRコードは 1994年に、それまでのバーコードよりも多くの情報を盛り込める新しいコードとして、デンソーウェーブ(現・株式会社デンソーの開発部門)から発表されました。

今では世界標準となったQRコードですが、最初はトヨタ自動車の生産管理をカイゼン・・・・させる目的で、たった2人で開発を始めたそうです。

QRコード開発秘話(QRコードドットコム)

QRコードは、あらかじめ用意されたコードを読み込むだけでなく、自分で様々な情報の書き込んで作ることもできます。

僕も利用させていただいている こちらのサイトでは、面白く便利な QRコードの活用方法が 様々紹介されています。

QRのススメ https://qr.quel.jp/

出来ることを眺めていると、普段の何かの作業も QRコード化できそうです。

紙とネットを手軽に繋げられるのも、QRコードの面白さです。

今回は iPhoneでQRコードを読み取る方法(カメラで読み取る・Safari、カメラロールから読み取る)と、読み取れないときの原因などをご紹介させていただきました。

今では 手軽にQRコードが読み取れるiPhoneも、iOS11(2017年9月)がリリースされるまでは、専用アプリをインストールする必要がありました。

今でもApp Storeに読み取りアプリがたくさん並んでいるのを見ると、なんとなく懐かしく感じますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

普段の何気ない瞬間こそ
大事にキレイに撮ってほしい

FLOWERCAMERAは、そんな想いではじめた小さな写真教室です。
皆さんが写真を楽しく撮れるよう お手伝いができたら嬉しいです。

新しい記事

難しいことは後回し!
はじめは楽しく
簡単・おいしいとこから
覚えよう!

長引くコロナ禍、なかなかお出かけしにくい状況ですが、そんなときこそ、ご自宅でじっくり写真で遊んでみませんか?

「簡単だけど大事なコツ」をまとめてご紹介する特別ページを作りました。
スマホで撮る方にも是非オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です