facebookやinstagramには素敵な写真ばっかり…
自分の写真は、なんとなく普通な気がして…

このように思っている皆さんのために!

今回は、お花を撮る時に覚えておきたい”ヒント”をいくつかご紹介していきます。

特に難しい設定をしなくても…
撮る時間帯や、光の向きを変えれば…
皆さんの写真は、ガラッと変わるかもしれません。

カメラの設定はシンプルに!いつも通りで大丈夫です!

お花を撮るときは、特に難しい設定にする必要はありません。

撮影モードは、プログラムオート絞り優先に合わせましょう。

大事な7つの撮影設定』も、オススメのままで大丈夫です。

お花を撮るときに、覚えておきたいテクニックは…

上手にボカす!

背景ボカしのコツは大丈夫でしょうか?
背景をキレイにボカして、メインのお花を引き立ててあげましょう!

背景を上手にボカすには、レンズのチョイスと使い方も大切です。

望遠レンズで簡単キレイ!

レンズは”80mm”(35mmフィルム換算)以上の望遠がオススメです。

望遠レンズで撮るだけで、ボケの量は増えます。
また、背景を狭く写すことができますので、余計なモノを写真に入れずに済みます。

すっきりとした背景は、主役のお花を引き立たせるためにとても有効です。

コンデジで撮るときも…
目いっぱいズームを伸ばして撮った方が、簡単にキレイに撮れますよ!

ただ、望遠レンズで撮るときは、手ブレ(カメラブレ)に注意しましょう。

明るさ” と ”色合い” は、自分好みにとことんこだわる!

明るさは『露出補正』で…
色合いは『ホワイトバランス』で、それぞれ自分の好みに調整しましょう。

この、”明るさ” と ”色合い” については…
見た目になるべく近づけるもの良いですし…
見た目とは違う、自分だけのイメージに仕上げるのも、面白い写真を撮るコツです。

ワザと明るく、ワザと青く…
などなど、いろいろ試してみましょう。

写真はアイディアの勝負です!

スポンサーリンク

光がキレイな時間 と 普通な時間

太陽の光は、当たる角度や光の色が常に変化します。
実は、そんな太陽の光が ”一日で一番キレイ” と言われる時間帯があるんです。

その時間帯を狙って撮れば…
風景も人も、もちろんお花もキレイに撮れます。

この『マジックアワー』と呼ばれる、とっておきの時間帯は…
朝、太陽が昇ってすぐと…
夕方、太陽が沈む前と…
1日に2回、太陽が±6度の角度に位置しているときです。

マジックアワーの詳細な時間などについては…
撮る時間を変えるだけ!?『マジックアワー』で写真が変わる!』で詳しくご紹介しています。

お花を撮るなら早朝!
もしくは夕方!

これだけでも写りはガラッと変わるハズです。

曇りの日が狙い目です!

皆さんは、お花をどんなイメージで撮りたいですか?

しっとり、優しく、ふんわり…
もし、こんなイメージで撮りたければ…

狙い目は ”曇りの日” です!

光の質は…
『硬い光』と『柔らかい光』と、大きく2つに分かれます。

硬い光で撮ると、力強い印象に写ります。
影もハッキリクッキリ出ます。

一方、柔らかい光で撮ると…
優しく、柔らかく、ふんわり、しっとりとした印象に写ります。
影も薄く、ソフトに出ます。

お花をふんわり、しっとりキレイに撮るには…
柔らかい光を探して撮ることがポイントです!

曇りの日は、光が柔らかく、お花を撮るには嬉しい天気です。
快晴の日でも、日陰に入れば柔らかい光を見つけることができますよ!

雨の中での撮影は、さすがにオススメしませんが…
雨上がりで薄日が差している状況なんかもキレイに写ります。

ただ、雲りの日や日陰で撮る場合は、被写体が青っぽく写ることがありますよね?
こんなときも、ホワイトバランスで色合いを調整して撮りましょう。

ホワイトバランスは、曇天や日陰など、プリセットを変えるだけでもいいんですが…
できれば『ホワイトバランスの微調整』まで覚えてしまえば…
もっと自由に、自分好みの色に調整して撮ることができますよ!

ohana-20150721-001

露出補正で明るさを微調整…
ホワイトバランス微調整で色合いを微調整…

この2つをしっかり覚えれば、自分でも驚くほど思い通りに撮れるようになります。

しかもミラーレス一眼なら…
撮る前に電子ファインダーやモニターで調整具合の確認ができます。
本当は難しい微調整ですが、誰でも簡単にできちゃいます!

逆光を探して印象的に!

『お花は”順光”で撮らなければいけない』
何となく昔はそう聞いた気がします…

順光で撮れば、被写体のディテールをハッキリ写すことができます。
図鑑や記録で撮るお花なら、なるべく順光で撮った方が良いかもしれません。

でも、立体感が乏しく、何となくペタッとした印象の写真になってしまいます。

もしかしたらこれが…
「何となく普通でつまらない写真…」の原因だったのかもしれません。

お花を撮るときも”光の向き”が大切です。

横からの光(サイド光)で撮ってみたり…
後ろからの光(逆光)で撮ってみたり…
その中間の光(斜光)で撮ってみたり…

積極的に動いて ”光を探す” ことが大事です。

逆光を狙って撮れば…
背景がフワッと明るくなって、光がお花を包み込むような印象になります。
花びらも透けて、とてもキレイですよ!

マジックアワー,お花

カメラマンは朝が早い!

カメラの操作は、普段通りにシンプルでも…
光をしっかり”見て探して”撮るだけで、今までとは一味違う、とてもキレイな写真が撮れちゃいます。

早朝のマジックアワーを狙って公園に行けば…
人も少なく貸し切り状態だったり…
葉っぱに露の雫が付いていたり…

マジックアワー,お花

いつもの時間に撮るよりも、遥かにシャッターチャンスに恵まれますよ!

”早起き”は…
写真にも良く、健康にも良く、一石二鳥ですね!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク