「カメラは覚えたいけど、絞り優先とかマニュアルとか難しそう…」

こういうお声を本当によく聞きます。

AUTOやシーンモードは無難にキレイに撮れますが…
なんとなくつまらなくなったり…
もう少し”こうしたい”と思ったときもカメラは答えてくれません。

自分の思い通りに写真を撮りたければ…
やはり応用撮影モードの道に進んでいくしかありません

「でも、応用撮影モードなんて難しそう…」ですよね?

そんな皆さんに、自信を持ってオススメするのが「プログラムオート」です。

難しいことは全部やってくれる。
プラス、皆さんの”こうしたい”も聞いてくれる。

そんな、良いとこ取りの賢いプログラムオート。
初心者さんが思い通りに撮るためのはじめの一歩に最適です!

ほとんどのシーンはプログラムオートで簡単、キレイに撮れるんです!

風景も、人物も、料理も、お花も…
ほとんどのシーンは、プログラムオートで、簡単、キレイ、思い通りに撮れちゃいます。

覚えると言っても、操作は簡単で物足りないくらいかもしれません(笑)
でも、カメラの操作は物足りないくらいシンプルな方がいいんです!

良い写真を撮るためには、光の状況や被写体をしっかり見たり、構図を考えたりなどなど、大事なことがたくさんあります。

カメラの操作をシンプルにすることで、皆さんは周りの状況をしっかり見て、考えて撮ることができるんです。


AUTOとプログラムオートの違い

「AUTOとプログラムオートは何が違うの?」

両方オートと名前が付いているのでよく聞かれます。

この2つの違いは、カメラが皆さんの言うことを聞くか?聞かないか?の違いです。

プログラムオートに合わせて、他の設定を一切触らずにパチッと撮れば、写りはAUTOのときとほぼ変わりません。

でも、撮った写真を見て、もう少し明るくしたい…
もう少し赤みを抑えたい…などと思うことがあるハズです。

ここから、AUTOとプログラムオートの違いがハッキリ出ます!

実は頑固なAUTOやシーンモードは、基本的に皆さんの「もう少し」を聞いてくれません。
でも、プログラムオートは皆さんの「もう少し」を全部聞いてくれます!

どちらが自分の思い通りに撮れそうか?
もう分かりますよね!

AUTO、シーンモード:カメラの思い通りに撮らされる…
プログラムオート:自分の思い通りに撮れる!

こんなイメージです。

それでは、実際にカメラのモードを「プログラムオート(Pモード)」に合わせて、先に進みましょう。

撮影モードの変更は、モードダイアルを回すだけのカメラがほとんどですが、メニュー画面から切り替えるカメラもあります。
操作が分からないときは説明書で確認しましょう。

スポンサーリンク