「背景をキレイにボカしたいから一眼を買った!」という方も少なくないですよね?

「ボカしたい、ボカしたい」と思って色々調べると、必ず出てくる言葉があります。
それは「絞りを開ける」というキーワード。

でも実は、それだけだと上手くボケないんです。

今回は『一眼カメラでキレイなボケをしっかり撮る4つのコツ』をじっくりご紹介していきます。

誰でも簡単に、憧れの「ボケマスター」になれちゃいますよ!

 

ボケは『被写界深度』の外側のピントが合っていないところ

いきなりちょっと難しい言葉…『被写界深度』

『写真のボケ』を知る上ではぜひ知っておきたいところなので、頑張って覚えちゃいましょう!

 

想像力を働かせて、次のシーンをイメージしてみましょう!

例えば『赤い花』にピントを合わせて撮るとします。

撮った写真を見ると、もちろん『赤い花』にピントが合っています。

でも写真をよく見ると『ピントが合って見える』のは『赤い花』だけではありませんでした。

後ろに写っている『白い花』にもピントが合っているように見えます。

さらによーく見てみると『赤い花』よりも手前に写っている『青い花』にもピントが合っているように見えます。

どうでしょうイメージできますか?

『赤い花』にピントを合わせても、その前後にも『ピントが合って見える範囲がある』ということです。

これが『被写界深度』で、今イメージしていただいた『ピントが合っているように見える前後の範囲』のことです。

前後というのは…

お花からカメラ(前)側と、お花から背景(後ろ)側の範囲です。

絞りを変えると被写界深度が変わる

上の図は撮影現場を真上から見たイメージです。

ピンク色の部分が『ピントが合っているように見える範囲=被写界深度』です。

厳密に言えば、ピントが合っているのは『ピントを合わせたピントの山だけ(赤い部分)』ですが、その前後の『被写界深度の範囲内(ピンクの部分)』も『ピントが合って見える』ということになります。

左右の図で、ピンク色の範囲が違います。

左は『被写界深度が浅い』の図、右は『被写界深度が深い』の図です。

『被写界深度』は撮り方によって『浅く』したり『深く』したりが可能です。

被写界深度を浅くすると…

↓『ピントが合って見える前後の範囲が狭くなる』↓

↓『ボケて見える範囲が多くなる』↓

よくボケる!

 

被写界深度を深くすると…

↓『ピントが合って見える前後の範囲が広くなる』↓

↓『ボケて見える範囲が少なくなる』↓

あまりボケない…

 

図では、グレーの部分が『ボケているところ』ですが、左の『被写界深度が浅い』方が『ボケ』が多いですよね?


被写界深度を浅くして撮る = ボカして撮る

何となくお分かりになりましたでしょうか?

『ボカしたい』なら『被写界深度を浅くして撮る』これが言いたかったんです。

言葉では難しいですが撮り方は簡単ですよ!

『絞り優先で絞りを開けること』は『被写界深度を浅くすることの1つ』なので『ボカしたかったら絞り開放に』と言われるんですね!

では『被写界深度を浅くする方法=ボカすコツ』を4つ、しっかりご紹介していきます!

① なるべく焦点距離の大きいレンズを使ってボカすべし!

広角側より望遠側で撮る方が被写界深度が浅くなります。

つまりボケの量が多くなります。

『焦点距離』??という方は『レンズのキホン』でチェックしてくださいね!

例えば28−80mm(35mmフィルム換算)の標準ズームレンズで撮る場合『背景をボカしたいなら80mm側で撮る』これだけです。

簡単ですよね!

さらに焦点距離の長い150mmや300mm(35mmフィルム換算)を使えば、ボケの量が増えて『ボケボケ』に。

被写界深度の浅い望遠レンズを使えば『動物園で柵の奥の動物にピントを合わせて、手前の柵はボカして消しちゃう』なんて撮り方もできます。

② なるべく最短撮影距離まで被写体に近づいてボカすべし!

被写体に『最短撮影距離』まで寄って撮る。

寄れば寄るほど被写界深度が浅くなります。

つまりボケの量が多くなります。

『最短撮影距離』??という方は『レンズのキホン』でチェックしてくださいね!

bokemaster4

これもすぐできますよね!

『最短撮影距離』をしっかりチェックして、その『レンズの一番寄れるところまで寄って撮るだけ』で、キレイにボケます。

③ なるべく被写体と背景の距離をなるべく離してボカすべし!

被写界深度の範囲のすぐ外側は、『ボケボケ』ではありません…

『ピントは合っていないけど…何となく見える』状態です。

遠くへ離れるほど、だんだん『ボケが多く・濃く』なっていき『ボケボケ』になります。

ですので、例えばお花の背景をボカしたかったら…

『お花の後ろはすっきり』と、何も入れない方がキレイにボケます。

でも、程よく離れたところに何かを入れると、それが『模様』のようにボケて、お花を引き立ててくれることもあります!

例えばですが…

公園で、撮りたいお花の後ろにトイレがあります。

「ちょっと嫌な背景だな…」と思うかもしれませんが…

でもトイレの壁の色が青だったので、ボカして背景に入れてみたら『お花の背景が素敵なブルーに!』なんてこともあります。

また、お花の後ろに自転車が置いてあります。

「こんなところに置かなくても…」と思うかもしれませんが…

でも上手にボカして入れてみたら『自転車に反射した光が玉ボケになって、お花がよりステキに!』なんてこともあります。

そうすると『そこに自転車を置いてくれてありがとう!』となります(笑)

このように、ボケを上手に入れられるようになると、背景にアクセントをつけることも可能です!

bokemaster3

右の図は、被写体の後ろにすぐ壁があったりする場合のイメージ…

あまりボケて見えません。

ここまでの3つコツをマスターすれば、簡単にボカすことができます。

『AUTOやシーンモード』でもキレイにボケます。

お友達にもぜひ教えてあげてくださいね!

④ なるべく絞りを開けてボカすべし!

絞りを開けたほうが『被写界深度』が浅くなるのでボケます。

『絞り優先でF値を小さくする』ということです。

ただ…『絞りを開けただけ』ではダメなことは、もうお分かりいただけたと思います。

『キレイなボケ写真』を撮りたいときは、これまで紹介してきた4つの要素を、上手に組み合わせて撮るように心がけるのが大切です!

後は練習あるのみ…

被写界深度,ボケ

1枚1枚確認しながら丁寧に撮って『ボケマスター』を目指しましょう!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク