真ん丸な「玉ボケ」を後ろにふわっと入れて…
メインの被写体はもちろん、その背景にも気を配ることで写真は華やかになります。

「玉ボケを撮るのって難しいんですか?」
このように聞かれることがありますが、そんなことはありません。
コツを覚えれば誰でも簡単です。

今回は、写真の印象をグッとドレスアップ!「玉ボケ写真」の撮り方をご紹介します。

玉ボケの素を探す

玉ボケ写真を撮るには、まず「玉ボケの素」を探すことから始めます。

「玉ボケの素」というのは、キラッと光る何かのことです。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

自転車の金属の部分が光に反射していたり…
イルミネーションや車のライト、テールランプが光っていたり…
葉っぱに付いた雨粒や木漏れ日、川面のキラキラなどなど…

意識して周りを見てみると、「玉ボケの素」はたくさんあります。

特に、雨が上って陽が射し始めた状況はチャンスです。
また、露のおりた朝に公園に行けば、もう「玉ボケの素」だらけです。

玉ボケ,簡単,一眼,レンズ

スポンサーリンク

モニターに映して探してみる

「玉ボケの素」は目で見ても探せますが、カメラのモニター越しに探すと見つけやすいですよ。

① まず、標準から中望遠くらいのレンズを使います。(標準ズームレンズをお使いなら、一番望遠側にセットしましょう。)

② 次に、近いところ(30cm先くらい)にピントを合わせてAFロックします。

③ AFロックしたまま、カメラを今度は遠くに向けて、モニターに「玉ボケ」が入ってこないか探します。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

見つかりましたか?
玉ボケが映ったら、実際それが何なのか、肉眼で確認しておきましょう。

玉ボケだけを撮るのなら、「露出補正」で明るさを微調整して、そのままシャッターを切りましょう。

暗い?明るい?写真の明るさは『露出補正』で簡単・自在にコントロールできます。

玉ボケの素をボカす

「玉ボケ」を撮るコツは、「玉ボケの素」をボカして写真に入れるだけです。

ボカしのテクニックは大丈夫ですか?

絞りを開けて(F値を小さく)もボケますが…
レンズの特性を上手く使った方が、簡単に大きくボケますよ!

一眼カメラでキレイなボケをしっかり撮る4つのコツ

後はメインの被写体を入れるだけ

「玉ボケ」だけを写すのも面白いんですが…
やはり、メインはメイン、アクセントとして玉ボケを入れて撮るのがベターです。

撮影モードは「プログラムオート」が撮りやすいと思いますが、もちろん「絞り優先」でもOKです。

誰でも簡単キレイ!普段使いにいちばんオススメ!|プログラムオート(Pモード)の使い方

撮影設定は普段使いのまま、特に変えるところはありません。

ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,設定,オススメ

 

「後ろ玉ボケ」

ピントを合わせたメインの被写体の後ろに「玉ボケの素」を入れます。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

「前玉ボケ」

ピントを合わせたメインの被写体とカメラとの間に「玉ボケの素」を入れます。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

望遠レンズがオススメです

メインの被写体と玉ボケの素が離れていると、玉ボケは小さい点にしか写りません。

そんなとき、望遠レンズを使えば玉ボケは大きくなり、さらに圧縮効果で玉ボケが近づきます。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

3 焦点距離 「写る”形”が変わる」| レンズの使い方

iPhoneなどのスマホのレンズは、ほとんどが広角なので「玉ボケ」は写しにくいですが…

① 近くの被写体(ピント)+ 遠くに「素」
② 遠くの被写体(ピント)+ 近くに「素」

被写体と「素」の距離を離すほど条件が整います。
②の方が「玉ボケ」が大きく写り、撮りやすいかもしれません。

モノクロもオススメ

写真に写る玉ボケの色は、実際に光っている光の色です。
カラフルな玉ボケも素敵ですが、あえてモノクロで撮ることで上品な印象に変わります。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

ちょっと賑やかすぎだと思ったら、モノクロマジックに頼りましょう。
被写体もグッと引き立ちます。

玉ボケをメインにするのもアリ?

普段は脇役の玉ボケですが…
メインとしてどこまで面白く撮れるか?

そんな風に考えて撮るのも面白いのです。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

露出補正で明るさを変えたり…
ホワイトバランスで色合いを変えたり…
多重露出で重ねてみたり…

写真は常にアイディア勝負ですね。

お疲れ様でした!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

「ミラーレスカメラのお教室」

です。

レッスンの詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク