「お母さんイチガンって何?」

お子さんにいきなりこう聞かれて、「ハッキリ説明できなくて悔しかった…」というお母さんに先日お会いしました。

僕が子供の頃は「イチガン」という言葉自体を知りませんでしたが…(笑)

今回は、そもそも一眼ってなんなの?という方のためのお話です。

スマホのカメラやコンデジ、一眼レフ、ミラーレスなどなど、カメラの種類についてもお話していきたいと思います。

この中で「一眼」なのはどれでしょう?

世間一般では、カメラは大きく4つのジャンルに分けられています。

① スマホのカメラ
② コンデジ
③ 一眼レフ
④ ミラーレス一眼

さて、この中で「一眼カメラ」はどれでしょう?
もう書いてあるのもありますが…(笑)

正解は「全て」です。

スマホも?コンデジも?と思われるかもしれませんが…
仕組み的にはどれも一眼と言っても間違えではないんです。

スポンサーリンク

一眼とは「眼が一つ」ということ

一眼という字を見ると、「眼が一つ」と書いてあります。
この「眼」とはレンズのことなんです。

スマホでもミラーレスでも…
みなさんがのカメラにはレンズが何個付いていますか?

恐らく…
一本しか付いていないハズです。

みなさんは一本のレンズで被写体を「見て」、そして「写し」ます。

見るレンズと写すレンズが同じ(一つ)。

これが一眼カメラの「イチガン」という意味です。

koneta-20150904-003

「見ると写すが同じレンズ」なのが一眼だから…
スマホもコンデジも一眼っちゃ一眼です。

koneta-20150904-004

眼が二つなら二眼カメラ

カメラ好きなお父さんやお祖父さんなら…
レンズが二つ付いているカメラを持っているかもしれません。

これがいわゆる、二眼やレンジファインダーと言われるカメラです。

見るレンズと写すレンズが別々(二つ) = 二眼のカメラです。

■二眼カメラ

ほとんどの二眼スタイルのカメラではレンズ交換ができません。

ずっと同じレンズ(画角)で写真を撮らなければいけません。
(これはいい勉強にもなるんですが…)

レンジファインダー機は小型で取り回しが良いのが特徴です。
ピントも合わせやすく、スナップ撮影などで大活躍でした。

中身は全く違いますが、今でいう「ミラーレス的」な存在だったのかもしれません。

■レンジファインダーカメラ

二眼のカメラは、今現在も現役で使っている方も少なくありません。

ただ、愛好家向けで、値段も高いカメラが多いですが、中古市場は今なお活気があるようです。

モノとしてのカッコ良さは今のデジタルカメラは負けますね!

ちなみに、三眼、四眼…というのはありません。

スポンサーリンク