今のカメラはとても優秀です。
でも!使い方を間違えると本当の力が発揮できません。

特にオートフォーカスに関しては、カメラに大きく頼るところです。
設定がおかしいと、ピントが合いにくかったり…
本当はもっとスッと合うハズなのに…
なんてことも起こり得ます。

オートフォーカスの機能をしっかり覚えて、カメラに的確な指示を出すことが大切です。

AFロックするか?しないか?オートフォーカスの選択肢は2つだけ!

「オートフォーカスの設定って難しそう…」
このようなお声を聞くことがあります。

シングル?コンティニュアス?サーボ?ワンショット?オート?

なんかたくさんの選択肢があるように見えますが…

実は、オートフォーカスを選ぶ目的はたった2つ!
それは『AFロック』して撮りたいか?しないで撮りたいか?です。

AFロック=オートフォーカスロックです。

まず、シャッターボタンを半押しするとオートフォーカスが動き出します。
ここまではどの設定でも同じです。

そしてピントが合った後…
そのまま半押しを続けたとき、ピントを動かさないで欲しいか?
被写体の動きに合わせて常に動かして欲しいか?
これを選ぶだけです。

 1|AFロックする =半押ししている間、ピントをロックしてもらう。

「半押ししている間は、ピントを固定させておいて!」
これが『AFロックする』撮り方です。

これが可能なのが『シングル・ワンショット』などと呼ばれるモードで、動きの少ない被写体の撮影に向いています。

普段の撮影なら早くて確実、しかも簡単なのでオススメです。

ただ、被写体との距離が変わったときは、もう一度半押しし直しが必要です。

ベテランさんやプロになると、動く被写体でもタイミングを狙って合わせられたりします。

 2|AFロックしない =半押ししている間、被写体の動きに合わせてピントを動かしてもらう。

「半押ししている間、被写体の動きに合わせて常にピントを動かして!」
これが『AFロックしない』撮り方です。

これが可能なのが『コンティニュアス・サーボ』などと呼ばれるモードで、動く被写体を撮るときに有効です。

ただ、どんなときでも100%合わせてくれるかと言えば、そうはいきません。
だからと言って、自分の力で合わせられるか?と言えば、結果はもっとひどいかも知れません…

動く被写体にピントを合わせるのは、プロでも簡単ではないのです。

スポンサーリンク

普段は『シングル・ワンショット』でAFロック!

普段の撮影では『シングル・ワンショット』がオススメです。
じっくりしっかり合わせていきましょう!

それでは、フォーカスモードを『シングル・ワンショット』に合わせましょう。

メーカー毎にいろんな名前がついています。
AF-Sの”S”はシングルの”S”ですね!

フォーカスモード,設定

設定できましたか?迷ったら説明書です。

これが、狙ったところにいちばんピントを合わせやすい設定です。

AFロックでしっかりピント合わせ!

ただ、残念ながら『シングル・ワンショット』にしただけではピントを自在に操ることはできません。

合わせて『AFロックのコツ』も覚えておきましょう。
オートフォーカスでピントを操るための必須の操作です。

ピンボケの失敗は、ピントをカメラ任せにしているせい!?|写真の4大失敗

フォーカスモードを替えるのはどんなとき?

普段は『シングル』とAFロックで合わせていきますが…
フォーカスモードを変えるのはこんなときです。

 動いている被写体を撮るとき 

動く被写体にピントを合わせたいときは、『AFロック』しない『コンティニュアス・サーボ』に切り替えます。

性能の差が大きく出るところですが、まずはカメラに頼って合わせるしかありません。

カメラに任せてダメダメだったら…
『シングル』に戻して、タイミングを狙って合わせましょう。

自分のカメラの『コンティニュアス』が不発でもあまり落胆しないでください(笑)
動き回る被写体にピントを合わせ続けられるカメラは、そんなに多くはありません。
(正確に言えばありません。)

 オートフォーカスを使いたくないとき

オートフォーカスを使いたくないときは、『マニュアルフォーカス』に切り替えます。(レンズ側で操作するカメラもあります。)

では、優秀なオートフォーカスをOFFにする”もったいない場面”とはどんなときでしょうか?

▲ 暗くてオートフォーカスが迷うとき

夜景や花火、星空などの暗いシーンではオートフォーカスが全く役に立たないことがあります。

このようなときは『マニュアルフォーカス』で自分の目と指で合わせていきます。

▲ 花びらの先端など、厳密なピント合わせが必要なとき

「オートフォーカスでもだいたい合うけど、もう1〜2mm手前に合わせたい」

ピントにトコトンこだわりたいときも『マニュアルフォーカス』に切り替えて、納得するまで自分で合わせましょう。

ただ、今のカメラとレンズは、ほとんど『オートフォーカス専用』と言って良い作りです。

フィルムのマニュアルカメラに比べると、ピントは非常に合わせにくいと思います。

でも、ミラーレスならデジタルならではの新しい方法で、ピントのマニュアル合わせも簡単です。
(一眼レフをお使いなら、『ライブビュー』を使うと同じことができます。)

マニュアルフォーカスは画面を拡大!こだわりのピント合わせ

さらに、一部の機種には『ピーキング機能』が付いています。

ミラーレスはマニュアルフォーカスが得意?『フォーカスピーキング』で簡単MFピント合わせ!

オートフォーカスの『オート』は要らない?

機種によっては、『シングル』と『コンティニュアス』の切替えをカメラが自動で行う『オート』も選べます。

便利な機能かもしれませんが、僕はオススメしません。
カメラがそこまでやる必要はないと思います。

撮り慣れてくると、AFロックしている時間がだんだん長くなっていきます。

風が止むのを待つ間。
通行人が画角から消えるのを待つ間。
雲に隠れた太陽を待つ間。

これらを待つ数秒間は、シャッターボタンを半押ししたまま=AFロックしたまま待つことが少なくありません。

でもそのとき、ピントが勝手にスーッと…

こうなると、もう一度はじめからやり直し、せっかく待ったシャッターチャンスも台無しです。

勝手に動いた原因は、フォーカスモードが『オート』になっていたから…
カメラが何を思ったか、いきなり『コンティニュアス』に切替えてしまったのです。

『AFロック』するか?しないか?
ココはカメラに任せず、自分の意思でしっかり選んだほうが確実です。

初期設定が『オート』のカメラもありますので、ちょっと注意したいところです。

撮る瞬間の大事なときに、カメラに邪魔されたくないですよね!

フォーカスモードの使い方です
普段は『シングル・ワンショット』
動きモノを撮るときは『コンティニュアス・サーボ』
オートフォーカスが迷う、効かないときは『マニュアルフォーカス』

オートフォーカスに関して、もう一つ大事な設定があります。

それは『フォーカスエリア』の設定です。

フォーカスエリアの設定とは?基本は『真ん中1点』に

皆さんが”どこにピントを合わせて欲しいか”をしっかりと伝えないと、カメラが勝手にどこかに合わせちゃいますよ。(笑)

お疲れ様でした!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

「ミラーレスカメラのお教室」

です。

レッスンの詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク