僕はこれまで「写真の失敗」について、皆さんから色々な質問や相談をいただきました。

そして、皆さんの失敗の種類をまとめると、最初に悩むところは次の4つでした。

① ブレの失敗
→ 撮った写真がブレている…

② ボケの失敗
→ 撮った写真がボケている…

③ 明るさの失敗
→ 撮った写真がなんか暗い…

④ ホワイトバランスの失敗
→ 撮った写真がなんか赤っぽい(青っぽい)…

皆さんはどの辺でお悩みですか?

でも安心してください!
これらの失敗は、その原因と対処のコツを覚えれば、実は意外と簡単にクリアできます。

もしかしたら、今日で全部クリアできるかもしれません!

これまで、多くの方に「4つの失敗」とその対処法をご案内させていただきました。

すると、それまで見えない壁にぶち当たっていた方が、その壁を一気に乗り越えて、あっという間にその先へ…
急に、写真が思い通りに撮れるようになってしまう方もいらっしゃいます。

「好きこそ物の上手なれ!」

できるだけ早いうちに、思い通りに楽しく写真が撮れるようになれば、その先の上達もスムースです。

ぜひ、皆さんも!
まず最初に「写真で良くある4つの失敗」を覚えて…
なるべく早く、楽しく写真が撮れるようになることを目指しましょう!

① 手ブレ(カメラブレ)の失敗

『写真がブレている…』

これは『手ブレ(カメラブレ)の失敗』です。

部屋の中や、夕暮れ時に撮った写真は…
良くブレますよね?(笑)

そうです。
暗いところで写真を撮ると、ブレの失敗が多発します。

でも、自分はそんなに暗いと思わないのに、撮った写真がブレている…
そんなことも多くありませんか?

実は、人間が感じる明るさと、カメラが感じる明るさには大きな差があるんです。

手ブレ(カメラブレ)をしないためには…

カメラが明るいと思っているか?
それとも、暗いと思っているか?
それを確認しながら撮るということが大事なんです。

詳しくはこちらをご覧ください。
ブレ失敗とはもうおさらば!ブラさないための基本とは? | 写真の4大失敗


② ピンボケの失敗

『写真がボケている…』

これは『ピンボケの失敗』です。

今のカメラはとても優秀です。
ピント合わせは、カメラ任せのオートフォーカスで大丈夫です。

ただ、ピントを合わせる時に大事なのは…
『どこに合わせるか?』です。

この『どこに合わせるか?』までオートにしてしまうと…
ピントを合わせる被写体をカメラが選んでしまうという事になります。

「後ろの被写体にピントを合わせたいのに、前にばっかり合う…」とか
「右の被写体に合わせたいのに、真ん中に合ってしまう…」
こういうことありませんか?

オートフォーカスのコツは…
『どこに合わせて欲しいか』をしっかりカメラに指示する事です。
そうすれば、カメラも素早く、迷わず、皆さんがピントを合わせたい所にしっかり合わせてくれるようになります。

いくら優秀なカメラでも、皆さんが『どこに・何に』ピントを合わせたいのかまでは分かりません。

『動きモノ』を撮るときなどは、全てをカメラ任せにする事もありますが…
はじめはまず、オートフォーカスの基本の”き”をしっかり覚えましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。
ピンボケの失敗は、ピントをカメラ任せにしているせい!?|写真の4大失敗

 

写真の4大失敗の残り2つは次のページです!

スポンサーリンク