『絞り優先』は、アマチュアからプロまで、多くの方が『いつものモード』として使っています。

そんなに難しくありませんので、皆さんの『いつものモード』にもオススメです!

 

『絞り優先』は、レンズの中にある『絞りの窓』の開く大きさを自分で自由に決められるモードです。

自分で『絞り』を設定したら、後はカメラが最適な『シャッター速度』を選んでくれます。

a002

まずは『絞り』の変え方をチェックしましょう!

『絞りの窓』の大きさは『F値の大小』で変えます。

ダイヤルを回したり、ボタンの操作で『F値の大小』が変えられるようになっています。

カメラによって操作が多少違いますので、取扱説明書で『絞り優先』『F値の変え方』のページを確認してみましょう。

では、絞りの変え方が分かったらF値を動かしてみます。

F値を一番小さな数字にする。

F値を小さくすることを『絞りを開ける』と言います。

解放F値

F値を小さくして『もうそれ以上小さくならない値』が『そのレンズの開放F値』です。

『開放F値』とは、そのレンズの『絞り』の窓が一番大きく開いた状態、光を一番多く通すことができる『明るい』状態です。

レンズによって異なりますが、いわゆる『明るいレンズ』の『解放F値』はF1.4、F1.8、F2.0などです。

それだけ多くの光を通過させることができますので、文字通り『明るいレンズ』というわけです。

ズームレンズの『開放F値』は、広角側と望遠側とで変わることもあります。

「このレンズ…開放がF3.5って書いてあるのに、F5.6より小さくならいんです…」

と聞かれることがありますが、広角側にズームを回せば、F3.5まで値が小さくなるはずです。

一般的にズームレンズの場合は、広角側の方が明るく、望遠側では少し暗くなるレンズが多いです。

グレードの高いズームレンズは、広角側も望遠側も明るさが変わらないものもあります。

ズームレンズ解放F値

ちょっと細かいですが頭の片隅に入れておいてくださいね。

F値を一番大きな数字にする。

F値を大きくすることを『絞りを絞る・閉める』と言います。

最小絞り

F値を大きくして『もうそれ以上大きくならない値』が『最小絞り』です。(値は最大ですが最小絞りです…)

窓が一番小さく開いている(絞りの窓は完全には閉まりません)状態で、通過する光の量が一番少なくなります。

画質が低下することもありますので、普段使いでF値を最大にすることはほとんどありません。

F値のイメージってなんとなく逆じゃないですか?(笑)

F値が小さいと窓が大きく開いて、F値が大きいと窓が小さくなる…

でもこれはそう覚えるしかないんです…『F値、逆!』と覚えるのがいいかもしれません。


絞りの窓の大きさを変えると何がどう変わるの?

絞りの変え方は指で覚えましたか?

では、次に『絞りの窓の大きさを変えると何が変わるのか?』をお話ししていきます。

『絞り優先で写真をボカす!』こんなフレーズを目や耳にすることが多いと思いますが…それは後ほど。

絞りの窓の大きさ(F値)を変えると…明るくなる・暗くなる

『絞りの窓』の大きさを変えると、通過する光の量が変わります。

遮光カーテンでイメージすると…

カーテンを全開にした時と、ちょっとしか開けない時では、部屋に入ってくる光の量は違いますよね?

当然、カーテン全開のほうが部屋は明るくなります。

『絞りの窓』も全く同じです。

絞りの窓を大きく開ける(F値を小さく)と、光がたくさん通過する。

絞りの窓を小さく開ける(F値を大きく)と、通過する光が少なくなる。

というようになります。

絞りの窓を通過した光は、次の『シャッターの窓』に向かって進んでいきます。

ここで、よく次のような質問があります…

「絞りを絞って光の量が減ったはずなのに、写真が暗くなりません!」

そうなんです。

『絞り優先』で絞りを変えても、写真の明るさは基本的に変わりません。

どうしてでしょうか?

『絞り優先』は『F値を自分で決めたら、最適なシャッター速度をカメラが決めてくれる』という仕組みです。

皆さんが『絞りの窓の大きさ=光の通過する量』を変えても、カメラは『カメラ自身が決めた適正露出(ちょうどいい写真の明るさ)』にするべく、シャッター速度を『速く・遅く』調整するので、写真の明るさは変わらないんです。

例えば…

『カメラが決めた適正露出(ちょうどいい写真の明るさ)』を『10』とします。

(『数字』はイメージです。写真の明るさを『10』などと表すことはありません。)

F値を指定して、絞りを通過する光の量を『8』にしたら、残り『2』の光の量をシャッターで賄えば『10(カメラが決めた適正露出)』の明るさになります。

絞りを通過する光の量を『4』に減らしたら、シャッターで賄う光の量が増えて『6』に…

絞りを通過する光の量を『1』に減らしたら、シャッターで賄う光の量がさらに増えて『9』に…

(『シャッターの窓』で光を多く賄うには『シャッター速度を遅く』する必要があります。)

カメラは『皆さんからの指示(露出補正)』がない限り『カメラ自身が決めた適正露出』に常に合わせようと、シャッター速度やISO感度を限界が来るまで調整して、光の合計を『10』にしようとします。

これがカメラの自動露出制御(AE)の機能です。

『絞り優先』で絞りを変えても写真の明るさが変わらないのは、この『自動露出制御(AE)の機能』が仕事をしているからです。

『絞り優先』は『絞り優先オート』や『絞り優先AE』とも言います。

「絞り優先なのにオートなの?」と思いませんか?

この『オート(AE)』とは『自動露出制御』のことです。

『自動露出制御』が働かないのは『マニュアル(露出)モード』のときだけです。

僕は講座で「『絞り優先』『シャッター速度優先』は『半分オート』ですよ」って言ってます。

でもこの『半分オート』が凄いんですね!

皆さんは『F値』を好きに決めるだけ!その他の『ややこしい露出の計算』は全部お任せ。

でも文句も言わず、ぴったり正確にやってくれるんです(笑)

皆さんはその分『撮ること』に集中できます…とてもありがたい機能です。

写真の明るさを変えるときは『露出補正』を使いますよね?

この『数字』のイメージを使って『露出補正』を説明するなら…

「私は、カメラが決めた『10』じゃなくて、明るめに『11』で撮りたいよ!とか、『9』で少し暗めに撮りたいよ!」と、カメラに指示するということです。

そうすれば『絞りの窓』と『シャッターの窓』を通過する光の量の合計を、ちゃんと『11』や『9』で処理してくれます。

めちゃくちゃお利口です(笑) 

絞りを変えたときに、シャッター速度がどう変わるか見てみましょう

それではまず『開放F値』までF値を小さくして、カメラを何か被写体に向けます。

『シャッター速度』は1/何秒になっていますか?(シャッター速度が表示されない場合は、シャッターボタンを半押ししてすぐ離しましょう)

では、カメラの向きはそのままで、F値を大きくしていきます。

F値に連動して『シャッター速度』が動いているのが分かると思います。

F値を最大にした時、シャッター速度は1/何秒になりましたか?

部屋の中でしたら、おそらく1/60秒以下になっているかもしれませんし、もしかしたら1秒以下かも…

そのままシャッターを切ると『手ブレ(カメラブレ)の失敗』が待っています…

「そういえば…絞り優先で撮るとブレることが多かったかも…」と思った方いらっしゃいませんか?

『絞り優先』は難しくありませんが、これだけは注意しましょう!

『絞りの操作だけに集中してしまうと、シャッター速度が気づかないうちに、手ブレ(カメラブレ)するほど遅くなってしまうことがある』ということです。

特に日陰や室内でF値を大きくしたときは、シャッター速度もチェックしないと危険です。

ですので『絞り優先』を使うときは『F値はいつも小さめ』にしておく方が安心です。

ただ…F値を小さくしたせいで失敗することも。

F値を小さくしたら『写真が真っ白』になってしまった…

これは、ものすごい明るい場所で起こる失敗です。

レアなケースですが『写真が真っ白…絞り優先で起こる『露出オーバーの失敗』とは?』でご紹介しています。

「絞ったら手ブレ…開けたら真っ白…ちょっと面倒だな…」と思ったら…

『プログラムオート』を使えばOKです!

絞りの窓の大きさ(F値)を変えると、ボケの量が変わる

『絞りの窓』の大きさを変えると、ボケの量が変わります。

背景ボケ

ボケを生かした写真を撮りたいときは『F値を小さく』します。(絞り窓を大きく開ける)

逆に、あまりボカしたくない時は『F値を大きく』します。(絞り窓を小さく閉める)

ここでボケについてお話していきます!

『被写界深度』を浅くすると、ボケが多くなる

例えば…

お花にしっかりピントを合わせて1枚撮ります。

しっかりピントを合わせた部分を『ピントの山(ピントが一番合っているところ)』といいます。

ただ、ピントの山以外は全部ボケるか?というと…そうではありません。

『ピントの山を挟んだ前と後(カメラ側と背景側)』にも、ピントが合っているように見える範囲があります。

この範囲が『 被写界深度(ピントが合って見える前後の範囲) 』です。

ですので、ボケは逆に『被写界深度の範囲の外(ピントの合っていないところ)』ということになります。

そしてこの『被写界深度』は、F値を変えることで『範囲を浅く(狭く)したり、深く(広く)したり』と変えることができます。

F値を小さくするほど『被写界深度』が『浅く(狭く)』なります。

ピントの合う前後の範囲が狭くなり、ボケが多くなります。

F値を大きくするほど『被写界深度』が『深く(広く)』なります。

ピントの合う前後の範囲が広くなり、ボケが少なくなります。

『被写界深度の浅い・深い』を図にしてみました。

皆さんは宙に浮いて、真上から撮影現場を見ているイメージです

絞りを変えると被写界深度が変わる

赤のエリアが『被写界深度の範囲=ピントが合って見える範囲』です。

グレーのエリアは『ピントが合っていない範囲=ボケて見える範囲』です。

赤いエリアの広さが左右で違っています。これが『浅い』と『深い』の違いです。

左の図のように『被写界深度が浅い』方がボケが多くなります。(数えたら116個ボケがありました)

最初に『F値を小さくするほど、ボケの量が多くなります』とサラッと書きましたが、『F値を小さくするほど、被写界深度が浅くなるので、ボケの量が多くなります』がちゃんとした言い方です。

でも、ボカしたくないときに『F値を最大に!』というのはオススメしません。

上にも書きましたが、F値を大きくしすぎると画質が悪くなることもあるので、F値は大きくしても『F11~16位まで』で止めておきましょう。

『F値を大きくするほど、シャッター速度が遅くなる』のも注意でしたね!

F値を大きくして撮る時は、必ずシャッター速度もチェックしながら撮りましょう。

ボカしのコツは、絞りの操作だけではありません!

「絞りを開ければボケるって本に書いてあったけど、あんまりボケませんでした…」と言われることがあります。

そうなんです。

ボカしのテクニックは、実はF値を小さくするだけではないんです…

それよりも、レンズの使い方との組み合わせや、撮り方が大事なんです!

誰でも簡単に、しっかりボケを出すコツは『一眼カメラでキレイなボケをしっかり撮る4つのコツ』で詳しくご紹介しています。

『被写界深度』についてもしっかりお話ししていますので、要チェックです!

絞り優先は難しくない

どうでしょうか?半分オートの絞り優先。

『絞りすぎ=シャッター速度が遅くなる=手ブレ(カメラブレ)』というのをさえ注意すれば、なにも難しいことはありません!

カメラが裏でしっかり皆さんをフォローしてくれています。

『いちばんはじめ』の絞り優先は…

◎ 普段使いのときは『F値は小さめに』

◎ ボケの量を多くしたかったら『F値を小さく』

◎ 少し奥までピントを合わせたかったら『F値を大きく』

こんなイメージでOKです!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク