いちばんはじめに知っておきたい『レンズのキホン』を7つご紹介しています。

4つ目は「焦点距離とボケの関係」についてです。

キレイなボケを撮りたい方は、しっかり覚えてくださいね!とっても簡単です。

簡単・キレイに『ボカす』には、レンズの使い方が大事です。

「お花の背景をキレイにボカしたい!」
「ボケのキレイな写真が撮りたくて一眼カメラを買った」

という方は少なくないと思います。

『背景をキレイにボカしたいなら、絞りを開ける』

もちろんそれもありますが…
レンズを上手に使えば、もっと簡単に、キレイに『ボケボケ』にできるんです。

スポンサーリンク

望遠レンズで撮るだけで…ボケます!

レンズを使った『ボカしのテクニック』は2つあります!

1つ目は、焦点距離の特性を使ったボカしテクニックです。

焦点距離は…
焦点距離が短い(数字が小さい)= 広角。
焦点距離が長い(数字が大きい)= 望遠です。
焦点距離 「写る”範囲”が変わる」レンズの使い方』で詳しくご紹介しています。

そして、焦点距離は『長ければ長いほど』ボケの量が増えます。

つまり…
『広角レンズ』より『望遠レンズ』で撮った方が、ボケが多くなります。

28−80mmのズームレンズを使って撮るとき…
「背景をボカしたいな!」と思ったら、迷わず『80mm側』で撮れば、それだけでボケが多くなります。

簡単なんです!

被写体との距離にもよりますが…
広角側では『ボケの効果』はあまり期待できません。

あまりボカしたくない時は『焦点距離の短い広角レンズ』で撮れば良いんです。

もうお分かりだと思いますが、まとめます。

焦点距離が短いほど = 広角 = あまりボケない
焦点距離が長いほど = 望遠 = よくボケる

こうなります。

手前も奥も、画面の全体にピントを合わせて撮る『パンフォーカス』という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
風景撮りや、街のスナップ撮影でよく使われる手法です。

この場合もやはり、ボケにくい『広角から標準のちょっと手前くらい』のレンズを使います。

スマホのカメラ、コンデジはボケない?

世間でもよく言われています。

「スマホのカメラはボケない…」
「センサーの小さいカメラはボケが少ない…」

確かにその通りです。

これは、上記の「焦点距離とボケの関係」で比べると分かりやすいと思います。

例えば、どのカメラでも『35mmフィルム換算で ”50mm” 相当の画角』で撮るとして…
それぞれの『実際の焦点距離』を計算して比べてみました。

フルサイズ 50mm
コンデジ 約9mm(1/2.3型の場合)
スマホ 約6mm(1/3型の場合)
となります。

焦点距離が違うのに、写る範囲が同じなのは、センサーの大きさが違うからです。

フルサイズ,スマホ,焦点距離

「焦点距離とボケの関係」は…
焦点距離が短い = ボケが少ない
焦点距離が長い = ボケが多い
でしたので…

一目瞭然ですよね?

小さなセンサーは、もともとボケを出しにくい宿命なんです…

ただ、逆に言えば『手前も奥もピントが合っている写真』が撮りやすいということです。
『GoPro』や『ドライブレコーダー』などは『ボケにくい』を生かしたカメラです。

いろんなカメラが出てきて、本当に楽しい時代だと思います。

コンデジでも『光学ズーム』が搭載されていれば、なるべく『望遠側にズーム』して撮ることで、ボケを出した撮影ができます。
最近流行りの『高倍率の光学ズーム』のコンデジは、結構キレイにボカして撮ることもできます。

一方、スマホのズームのほとんどは『デジタルズーム』です。
これは、画像処理で写真を拡大しているので、ボケの量は『ズームする前』と変わりません。

ボケが多いから『写真がキレイ!』とか『いいカメラだ!』とか…
そんなことを言うつもりは全くありません。
ただ『ボカしたい時には、しっかりボカせるカメラ』の方が、いろいろな撮り方ができますよね!

『簡単・キレイにボカす!レンズの使い方』1つ目は…

広角側だとあんまりボケない。
望遠側だと良くボケる。

と覚えておきましょう。

さて、もう一つの『レンズの上手に使って簡単にボカすコツ』は…
焦点距離と最短撮影距離の関係』でご紹介しています。

もし、スマホのカメラでも『ボケ』を撮りたかったら…
この方法なら少しボカすことができます。


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク