いちばんはじめに知っておきたい『レンズのキホン』を7つご紹介しています。

2つ目は「焦点距離と画角(写る範囲)の関係」についてです。

広角・ワイド & 望遠・テレ

一般的に、35mmフィルム換算で焦点距離が ”50mm” のレンズで撮った写真は…

人間が目で見ているのと、ほぼ同じ範囲が写っていると言われます。

そのため『標準レンズ』『標準の画角』と言われています。

焦点距離 「標準ってなに?」「35mmフィルム換算って?」』で詳しくご紹介しています。

そして、焦点距離は短くなるほど、より『広く』
長くなるほど、より『狭く・大きく』写ります。

焦点距離,広角,望遠

『広く』は『広角・ワイド』
『狭く・大きく』は『望遠・テレ』などと言います。

「もっとワイドで撮りなよ」とか「そのズーム、テレ端は何mm?」とか言われたりするかもしれません。

『焦点距離と画角の広い・狭い』の目安を下記の表でまとめました。
センサーサイズごとに分けてありますので、お使いのフォーマットをご覧ください。


ミラーレス,焦点距離換算,35mmフィルム,初心者,キヤノン,ニコン,オリンパス,パナソニック


ミラーレス,焦点距離換算,35mmフィルム,初心者,キヤノン,ニコン,オリンパス,パナソニック


ミラーレス,焦点距離換算,35mmフィルム,初心者,キヤノン,ニコン,オリンパス,パナソニック


ミラーレス,焦点距離換算,35mmフィルム,初心者,キヤノン,ニコン,オリンパス,パナソニック


ご自分のレンズの『何mm』くらいが標準で、広角で、望遠でというのを頭に入れておきましょう!

ズームレンズをお使いの方も多いと思います。
『ズームリング』を回しながら、何mm、何mmと『画角』が変わるのをチェックしてみてくださいね!

広角レンズで、静かな海辺を映画のワンシーンのように『広く』撮ってみたり…
望遠レンズで、お花を『狭く』切り撮って、グッと引き立たせてみたり…

実践的な使い方は『ブログ』でご紹介していきます!


背景を広く入れる?入れない?

見た目に近い感じ = 標準レンズ
見た目より広く = 広角レンズ
見た目より狭く・大きく = 望遠レンズ

これは大丈夫と思いますが…

先日、コスモスを撮りに行った方が、こう言ってました。
「いやーお花はキレイだったけど、人がいっぱいで…」

土日の公園はとても混んでいて、どこからどう撮っても『人』が写ってしまうこともあります。

人以外でも、電灯・看板・トイレなどなど…
どうしても、写真に入れたくないモノまで入ってしまうことってありますよね?

こんな時は、レンズ(焦点距離)の特徴をうまく生かして撮ってみましょう!

標準レンズで撮るのか?
広角か?
望遠か?

レンズを選ぶコツの1つは…
『背景をどうしたいのか?』です。

下の写真は、広角レンズと望遠レンズで『真ん中の筒の大きさがほぼ同じ』になるように撮りました。

左右の写真を見比べるとどうでしょう?
写っている『背景の広さ』がだいぶ違いませんか?

『広角は広く、望遠は狭く大きく』写りますが…

その差は『背景に』より大きく出ます。
それも『遠ければ遠いほど』差が出ます。

広角レンズでも望遠レンズでも、近づいたり離れたりすることで、メインの被写体を『同じくらいの大きさ』にして撮れます…

あとは『背景』をどうするか?です。

◎ 背景を広く入れたい

「一面お花畑で背景もキレイだから、広く全部入れたい!」
だったら広角レンズで!

◎ 背景を狭くしたい

「後ろに人が入っちゃうのが嫌だから、背景を狭くしたい!」
だったら望遠レンズで!

また、テーブルの上に料理をセットして撮るときも…
広角レンズで撮ると、周りの写真に入れたくないモノまで写ってしまうので、広い範囲を『片付ける』必要があります。

でも、望遠で『狭く』写せば、余計なものは『片さなくても』カットできます。
ギリギリまで、ライトやレフ板なんかも置いたりできますね!
とてもキレイなスタジオの『ブツ撮り』写真でも、画角に入っていないところは…
それはもうグチャグチャです(笑)

望遠レンズは、単に『遠くの被写体を大きく撮る』だけのレンズではありません。

『被写体が近くにあっても、背景をスッキリさせたいから』などなど…
『背景をコントロールするために望遠レンズを使う』これも大事なテクニックです。

レンズを上手に使いこなせれば『マジック』のようで面白いですよ!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク