秋の陽の光は、被写体をよりキレイに照らしますので、写真を撮るのが楽しくなります。

夏の暑さも通り過ぎて、写真散歩に最適な季節です。

そんな秋の代表的な撮影シーンといえば… やはり「紅葉」ですよね?

今回は『紅葉写真の撮り方の基本テクニックとコツ』をご紹介していきます!

撮影モードは?

いわゆる風景の撮影ですので…
撮影モードは『絞り優先(A/AVモード)』か『プログラムオート(Pモード)』がオススメです。


撮影設定は?

『いちばんはじめの写真レッスン』では、一番大事な撮影設定を7つご紹介しています。

紅葉を撮るときは『普段使いのオススメのまま』で大丈夫です!
撮影設定,7つ,初心者
詳しくは『いちばんはじめに覚えたい!大事な7つのカメラの設定』をご覧ください。

この他にプラス、お出かけ前にぜひ覚えておきたい設定が…
『ピクチャーモード』の設定で、色の鮮やかさ(彩度)をコントロールすることができます。

大きく3つに分けると…
自然な鮮やかさに… 『スタンダード』『ナチュラル』など
より鮮やかに… 『ビビッド』など
より鮮やかさを抑える… 『フラット』『ニュートラル』など

初期設定では『スタンダード』や『ナチュラル』などが設定されている場合が多いです。

『ピクチャーモード』の設定をチェックしてみましょう!

メーカーごとに名前がちょっと違います…
ピクチャーモード,彩度
ご自分のカメラの設定名が分かったら『取扱説明書』で操作をチェックしてみましょう!

カメラによっては『ピクチャーモード』を選んだ後に、さらに『彩度』や『コントラスト』が個別で微調整できる機種もあります。
ぜひ一緒に覚えておきましょう!

電子ファインダーやライブビューを使えば『効果を見ながら調整できる』ので簡単です。

分からない時は、メーカーの電話サポートに聞きましょう!

聞き方は…
「(カメラの名前)を使っていますが『ピクチャーモード』の変え方を教えてください!」
「『彩度』や『コントラスト』の個別の微調整はできますか?」
「このカメラで『紅葉』を撮るときのオススメの『ピクチャーモード』はどれですか?」
この通りです。

さて、設定の仕方が分かったら、紅葉の代表的な色『赤・黄・緑』の被写体を見つけて撮り比べてみます。

① 『スタンダード』『ナチュラル』などで一枚
(初期設定で一番自然です。)
② 『ビビッド』などで一枚
(彩度がアップします。)
③ 『フラット』『ニュートラル』などで一枚
(彩度がダウンします。)

どうでしょうか?
色の”鮮やかさ”が結構変わりますよね?
彩度比較

「私は『派手派手』なのはあんまり好きじゃない…」という方(実は僕もそうなんですが…)いらっしゃると思います。

『ピクチャーモード』の設定は、ただ『派手派手』にするためだけではありません。

曇りの日や日陰だと、どうしても『撮りたい鮮やかさ』で撮れないことがあります。
目で見るより『淡く』写ってしまうこともあります…
そんな時こそ『ビビッド』に設定して、やっと ”普通” の鮮やかさに写る場合もあるんです。
『コントラスト』の微調整も、曇りの日には特に有効です!

もちろん「見た目も鮮やかだけど、より鮮やかにしたい!」という場合もOKです。

ただ『味の濃い食べ物』と同じで『鮮やか』に慣れてしまうと、なんでもかんでも『濃く鮮やか』じゃないと気が済まなくなる方もいます。

『素材の色』を大切に。
ほどほどの『味付け』が大事です(笑)

皆さんの『撮りたい鮮やかさ』に調整して撮れたら、もっと楽しく撮れますよ!

撮り終わったら『元の設定(一番自然な彩度)』に戻しておきましょう。

『明るさ』を合わせる

どんな場合もそうですが…
写真の明るさは『露出補正』でしっかり自分好みに合わせましょう!

暗めに撮ると『色は濃く』なります。
明るめに撮ると『色は薄く』なります。

ミラーレス(一眼)をお使いの方は、ファインダーやモニターを覗きながら『”0.3”の差』までこだわって、露出を補正していきましょう!

一眼レフをお使いの方は、先に『ライブビュー』で明るさを合わせてから、ファインダーに戻して撮るのもオススメです。

明るさの失敗』も合わせてご参考ください。

『色合い』もお好みに合わせる

色合いは『ホワイトバランス』の設定で変えることができます。

まずは、オススメの『オート(AWB)』のまま撮ってみて『全体の色味』をチェックしましょう!

『色味』がなんとなく気に入らなかったら…
その日の空模様と『ホワイトバランス』のプリセットを合わせてみます。
晴れだったら『晴天』に、曇りだったら『曇り』に合わせます。

さらに、積極的に『ホワイトバランス』を変えて、自分好みの色を『表現』してみるのもオススメです。

『曇り』や『日陰』のプリセットに設定すると、暖色系のフィルターを付けたような色合いになります。
秋の暖かく柔らかい雰囲気を『色で表現』してみましょう。
紅葉,ホワイトバランス

さらに『ホワイトバランスの微調整』をマスターしておくと…
カラーフィルターをつけるように『好きな色を付ける』こともできます。
『赤をちょっと強くしたい!』とか『ピンクを被せてみたらどうかな?』などなど、皆さんだけのオジリナルカラーで紅葉を表現してみましょう。

ホワイトバランスの失敗』も合わせてご参考ください。

どの光で撮るか?

紅葉に限ったお話ではありませんが…

光の当たる方向で、写真のイメージは大きく変わります。
順光,逆光,サイド光

順光 オススメ度☆

被写体に、太陽が正面から当たっている状態です。

順光は、色が一番鮮やかに写ります。
青空も一緒に入れやすいです。
一番 ”無難” に写ります。
紅葉

逆光 オススメ度☆☆

被写体に、太陽が後ろから当たっている状態です。

逆光は、光が溢れるような印象的な感じに写ります。
露出補正で明るさを上手にコントロールしましょう。
明るくしても、暗くしても面白いですよ!
紅葉,逆光

サイド光 オススメ度☆☆☆

太陽が横から当たっている状態です。

立体感が出ます。樹木の影もキレイに出ます。
紅葉,サイド光

個人的には『紅葉はサイド光がオススメ』です!
木々の立体感、鮮やかさ、影などなど…とてもドラマチックに写ります。

公園に行ったら、ぜひ太陽を横に見ながら歩いてみましょう(笑)

太陽が出ていなときも…

曇りの日でも雨の日でも『紅葉』はフォトジェニックです。

薄曇りなら、まだ『光の差す方向』がありますので、順光・逆光・サイド光を選べます。
優しい光を生かして撮ってみましょう。
鮮やかさが足りないと感じたら『ピクチャーモード』や『コントラスト』で調整します。
紅葉

雨が降っている最中はさすがにアレですが…
雨上がりはシャッターチャンスの宝庫です!
水たまりに浮かんだ落ち葉、雨つぶが載った葉っぱも面白く撮れます。
アンダー目に撮ってみたり…アイディア勝負です。
紅葉

雨上がりは周りに人が少ないですから、都内の公園でも『風景写真』が撮りやすいですね。

落ち葉を持って帰って家で撮る

落ち葉をちょっと拝借して…ブツ撮りです。
紅葉

自分のイメージを上手に組み合わせて、外では撮れない写真を作ってみましょう。

撮りに行くまえに、ステキな写真をたくさん見ておく

たくさん『キレイな写真』を見て、頭に入れてから出かけるのがオススメです。

『上手な写真をどんどん真似して撮ってみる』

これが上達のコツです。
ただ『真似する』と言っても簡単ではありません。
「どうやって撮ったんだろう?」などと考えながら撮ると、すごく勉強になりますよ!

レンズの使い方ももちろん大事です。

人が多い週末の公園や、お庭のポツンとした紅葉を撮るときは『望遠レンズ』で背景を狭く撮るのがコツです!
レンズのキホン』もしっかりチェックしておきましょう。

頑張ってお気に入りの一枚を撮ってくださいね!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク