皆さん「露出補正」は使ってますか?

露出補正,写真,明るさ

ダイヤルやボタンをちょこっと操作するだけで…
写真の明るさは自由自在です。
誰でも自分好みの明るさに合わせて撮ることができます。

『自分の撮りたい明るさで撮る』
これは写真を撮るときに、最も基本で最も大切なことです。

カメラをはじめたら真っ先に覚えたい!
”露出補正”はそれくらい大事な操作だと思います。

しかも、ミラーレスなら”露出補正”と相性が抜群です。

ファインダーやモニターに補正の具合がリアルタイムに反映されますので…
「何を撮るときは、このくらいの補正…」などと、いちいち覚える必要がありません。

被写体を覗きながら、その場で決めれば良いんです。

これなら誰でも、”0.3段の差”までこだわって撮ることができます。
これはもうプロの仕事です(笑)

一眼,カメラ,露出補正,シャッター速度,絞り,ISO感度,仕組み,

ただ先日、こんな風に聞かれました。

「露出補正って、画像処理とかで明るさを変えているんですか?」

確かに皆さんはダイヤルを回すだけですが…
実際はどうやって明るさを変えているのか?
不思議に思っていた方もいらっしゃるかもしれません。

露出補正しても、明るさが変わらないときもあります。
露出補正したせいで失敗することもあります。

いつかこんな事態に遭遇しても慌てないように…
今回は、”露出補正”の仕組みについて、じっくりご紹介していきたいと思います。

”露出(写真の明るさ)”を変える3つの要素

いくらデジタルカメラだからといっても…
単に画像処理で明るくしたり、暗くしたりしているワケではありません。

そこは、古くこれまでと同じ方法…
レンズから入ってくる光の量を調整して、”写る明るさ”を変えています。

光の量を調整するということは…
絞り・シャッター速度・ISO感度の組み合わせを動かしているということです。

フィルムカメラも…
ミラーレスも…
一眼レフも…
コンデジも…
ここはみんな同じです。

ただスマホは、何をしているのかちょっと分からないところがあります(笑)


露出を動かす時の大事な”ルール”!

絞り、シャッター速度、ISO感度の組み合わせのお話って難しそうですよね?
でも大丈夫です。

まずはじめに、”大事な3つルール”から覚えちゃいましょう。

ルール1|なるべく”手ブレしないシャッター速度”をキープする。

手ブレしないシャッター速度とは…
手振れ補正がONの状態であれば”1/60(標準レンズ)〜1/125(望遠レンズ)秒”くらいです。
いくらキレイな被写体でも、美味しそうな料理でも、ブレていたらどうしようもありません。

ルール2|なるべく”低いISO感度”をキープする。

ISO感度を上げるほど画質は悪くなっていきます。
キレイな写真を撮るために…
誰でもできるだけ低い感度で撮りたいハズです。

ルール3|ルール2よりルール1を優先する。

手ブレしないシャッター速度がキープできなくなったら、低いISO感度は諦めましょう。
画質は多少犠牲になりますが、手ブレで失敗するよりは良いですよね?

「あれ?絞りは?」と思われるかもしれませんが…

”シャッター速度”と”ISO感度”が先に決まれば…
残る”絞り”は、その場所(被写体)の明るさに応じて決まってしまいます。

「F〇〇で撮りたい!」という希望がなければ、絞りはなんでも良いんです。

 

さて、ルールの次は順番です。
皆さんが露出補正したとき、カメラはこの3つのルールをなるべく守りながら…
次の順番で”写る明るさ”を変えていきます。

スポンサーリンク