みなさん『マニュアルモード』って使ってますか?

「『花火』の時しか使ってない!」
という方も多いと思いますが…大丈夫です(笑)
このサイトでも『普段使い』のモードとして使うのは、あまりオススメしていません。

難しいことはなるべくカメラに任せて…
『なるべく簡単に、でもしっかり・キレイに撮る』
これが『いちばんはじめの写真レッスン』流です!

でも…
最近のカメラの『マニュアルモード』はこれまでとちょっと変わってきています。
より簡単で、より直感的な、新しい『使い方・撮り方』ができるんです。

もしかしたら、撮影シーンによっては…
「『マニュアルモード』が1番簡単で、思い通りに撮れる!」
なんてことになるかもしれないですよ。
さらに『ミラーレス(一眼)』だったらさらに直感的で簡単です!

「そうそう!こんな撮り方がしたかった!」とか
「これは便利!やってみよう!」とか
そう思っていただける方もいらっしゃるハズです(笑)

ただ、今回ご紹介するお話は、カメラによって『できる・できない』があります…
設定が『できない』カメラの場合はご参考程度に…
もし、買い替えを考えているようでしたら、この『できる・できない』を選択肢の1つにするのもアリかもしれません。

『マニュアルモード』って?

「もう知ってる!」という方も多いかと思いますが…
はじめに『マニュアルモード』について、簡単におさらいしておきます。

マニュアルモード,ISO感度オート,露出補正,AEロック,撮り方,使い方

そもそも『マニュアルモード』は、何を『マニュアル』で決めるのか?というと…

『露出(写真の明るさ)』です!

『絞り』と『シャッター速度』と『ISO感度』を『マニュアル』でコントロールして…
自分で『写真の明るさ』を決めるのが『マニュアルモード』です。

では『マニュアルモード』以外では、誰が『露出(写真の明るさ)』を決めているか?というと…

それは『カメラ』です。

カメラには『露出計』が内蔵されています。
『露出計』が測った明るさを基に、優秀な『自動露出(AE)機能』が最適な『写真の明るさ』を決めてくれます。

ただ『カメラが決めた明るさ』を見た皆さんは『自分好みの明るさ』に『露出補正』で微調整しますので…
最終的には『皆さんが決める』ということになります。

これまで『マニュアルモード』を使うケースは…

◎ そもそも『マニュアルモード』じゃないと撮れないシーン(花火など)
◎ そもそも『自動露出(AE)機能』に頼るのが嫌い・つまらない
◎『自動露出(AE)機能』が苦手なシーン

このようなケースがほとんどだと思います。

スポンサーリンク

新しいマニュアルは『〇〇』ができる!

デジタルカメラの『マニュアルモード』は少し様子が変わってきています。
『マニュアルモード』なのに『〇〇』ができちゃうんです。

①『マニュアルモード』なのに『ISO感度オート』が選べる!

自分で『露出(写真の明るさ)』を決めるのが『マニュアルモード』のはずですが…
ISO感度オート』が選べるカメラがあります。

これは『マニュアルモード』でも『自動露出(AE)機能』を効かせられるということです。

みなさんのカメラは『ISO感度オート』が選べますか?

いつもの設定画面から選べるカメラもありますし…
本体設定の中から機能を『ON』にするカメラもあります。

②『マニュアルモード』なのに『露出補正』ができる!

カメラが決めた『明るさ』を、自分好みの明るさに微調整するのが『露出補正』の機能です。
『プログラムオート』や『絞り優先』『シャッター速度優先』では必須の機能ですよね!
(『明るさの失敗』も合わせてご覧ください)

『マニュアルモード』でも『ISO感度オート』を選んだ時だけ『露出補正』が効くカメラがあるんです。

みなさんのカメラは効きますか?
これができるか?できないか?が重要です!

③『マニュアルモード』なのに『AEロック』ができる!

これはまさに『マニュアルモード』で『自動露出(AE)機能』が働いている証拠です。

『露出補正』と『AEロック』を合わせて使えば…
簡単に、素早く『自分好みの明るさ』を決めることができます。
その分、気持ちに余裕ができて、シャッターチャンスにも強くなるハズです。

ミラーレス(一眼)の本領発揮!『AEロック』の上手な使い方』も合わせてご覧ください。

『AEロック』もできれば、より便利ですが…
もし、できなくても ① と ② さえできれば、新しい『マニュアルモード』が楽しめます。

マニュアルモード,ISO感度オート,露出補正,AEロック,撮り方,使い方

『マニュアルモード』で『露出補正』は間違い?

これは僕が遭遇したお話です。

普段『絞り優先』で上手に撮っている方が…
「先生!『マニュアルモード』で『露出補正』ができないんですけど…」
と、先生に質問されていました。

先生はちょっと困った顔をして…
「そもそも『マニュアルモード』っていうのは…」という話から始まり…
最後には「『露出補正』なんてする必要がないし、そもそもできないんだよ!」と言っていました。

これまでは、この先生の言う通り、それが当たり前だったんです。

ただ、今回のお話だと…
『マニュアルモード』で『ISO感度オート』を選んだ時に『露出補正』が効かないと…
カメラの『自動露出(AE)機能』が決めた『露出(写真の明るさ)』で撮るしかなくなってしまいます。

これは問題ですよね?
『マニュアルモード』なのに『露出(写真の明るさ)』はカメラが決めた明るさでしか撮れない…
これでは『AUTOやシーンモード』と同じです(笑)

ですので…
『マニュアルモード』で『ISO感度オート』は選べるけど『露出補正』はできない。
というカメラをお持ちの方は…
今回のお話の『使い方・撮り方』はできない。

ということになります。

メーカー各社にはそれぞれ考えがあるとは思いますが…
『ISO感度オート』が選べるなら『露出補正』もできないともったいない…
と思うんですけどね(笑)

『露出』のマニュアルから『効果』のマニュアルに!

では、この『AEを使ったマニュアルモード』。
どんな使い方、撮り方ができるのか?
続けていきます。

『絞り』と『シャッター速度』と『ISO感度』を自分でコントロールできるのが『マニュアルモード』です。

では『絞り』と『シャッター速度』を変えると『何』が変わるのか??

もうご存知だと思いますが…
①『露出(写真の明るさ)』が変わる。
②『効果(ボケや動感など)』が変わる。
です。

これまでの『マニュアルモード』は ① も ② も全て自分で行う『マニュアル』です。
なので大変… だったんです。

新しい『マニュアルモード』は…
② だけを自分で決めて ① はカメラに任せる。

イメージ的には…
『シャッター速度』と『絞り』で『効果』はこっちで決めたから、あと『露出(明るさ)』よろしく!

こんな感じです。

いつもなら『効果』を狙う場合…
『ボケの効果』をコントロールしたかったら『絞り優先』を。
『動感の効果』をコントロールしたかったら『シャッター速度優先』を選ぶと思います。

でも『ボケの効果』も『動感の効果』も同時にコントロールしたくなったら?

例えば…
走っている車をピタッと止めたいから『シャッター速度』は ”1/1000秒” にしたい。
開放より2段くらい絞った方が写りがイイらしいし『被写界深度』も少し深めにしたいから『絞り』は ”F8” にしたい。

このように『1/1000秒』『F8』と、自分の希望がすでに『両方』決まっているケースです。

もし『シャッター速度優先』を使って ”1/1000秒” に合わせたら…
『絞り』は開放まで開いてしまう可能性が大です。

もし『絞り優先』を使って ”F8” に合わせたら…
『シャッター速度』はもっと遅めに設定される可能性が大です。

こんなときに!
『マニュアルモード』に合わせて…
『1/1000秒』
『F8』
『ISO感度オート』と設定します。

すると…
『露出(写真の明るさ)』は、カメラが『ISO感度』を動かして、ちょうどいい『明るさ』に合わせてくれます。
もし、その『明るさ』が気に入らなければ『露出補正』で微調整もできます。

さらに、今の『明るさ』を『AEロック』で固定してしまえば…
後は『撮るだけ!』に集中できます。

『ミラーレス(一眼)』なら、モニターや電子ファインダーで『露出(写真の明るさ)』を確認しながら撮れるのでとても簡単ですね。

『露出』はカメラ任せ『効果』はマニュアル。
こんな便利で楽しい『マニュアルモード』になっちゃうんです。

電話サポートに聞いてみましょう!

初めての方はちょっと操作がややこしいと思いますので…
メーカーの電話サポートにこのように聞いてみましょう。

〇〇というカメラを使っています。

『マニュアルモード』で『ISO感度オート』ができますか?
『マニュアルモード』で『露出補正』が効きますか?
『マニュアルモード』で『AEロック』ができますか?

また『マニュアルモード』ではなく、PENTAXやRICOHの『TAvモード』などのように、専用の『撮影モード』を使ってできるカメラもあります。
(PENTAXの『TAv』の歴史は長いです。さすがです!)

デジタルカメラは撮り方も新しい!

これまでは『露出』のコントロールの『マニュアルモード』。
これからは『効果』のコントロールの『マニュアルモード』!

まずは、露出の自由が効きやすい『明るい場所』で試していただいて、気に入っていただけたら嬉しいです。

最後になりますが、この面白い『マニュアルモード』ですが…
『普段使い』のモードにするのは…
やはりちょっと面倒です(笑)

普段は、もっと簡単にキレイに撮れる『プログラムオート』や『絞り優先』がオススメなのは変わりません!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク