手前も奥も、写真全体にピントを合わせたい!
風景やスナップ撮影のとき、こんな撮り方をしたいときがあります。

今回はそんな「パンフォーカス撮影」の仕組みをご紹介していきます。

レンズと絞りの特性を組み合わせて…
ピントの合う範囲をコントロールしてみましょう。

全てにピントが合ったように見える仕組みとは?

『パンフォーカス撮影』とは、手前から奥まで、全てにピントが合っているように写す手法です。

まずはじめに…
皆さんがピントを合わせたところを『ピントの山』と呼びます。

被写界深度,深い,パンフォーカス

ただ、ピントの山以外は全てボケるかといえば…
そんなことはありませんよね?

ピントの山を挟んだ”手前側”と”後側”には、まだ”ピントが合って見える範囲”が続きます。

被写界深度,深い,パンフォーカス

そして、その範囲を超えたところから徐々にボケていきます。

被写界深度,深い,パンフォーカス

この”ピントが合って見える範囲”のことを『被写界深度』といいます。

被写界深度,深い,パンフォーカス

この『被写界深度』は、絞りやレンズをコントロールすることで…
”浅くしたり”、”深くしたり”することができます。

浅くすると…
=ピントが合って見える前後の範囲が”狭く”なる。

深くすると…
=ピントが合って見える前後の範囲が”広く”なる。

そして、後側のボケが完全に無くなるまで『被写界深度』をググッと”深く”した状態…
それが『パンフォーカス』です。

被写界深度,深い,パンフォーカス

(『被写界深度』については絞り優先:A (Av) モードでも詳しくご紹介しています。)


被写界深度を”深く”する3つの方法

被写界深度を”深く”する方法は…

① 焦点距離の短いレンズを使う。
② 絞りを絞る(F値を大きく)。
③ 被写体から離れてピントを合わせる。

の3つです。

気づいた方もいらっしゃると思いますが…
ボカす方法と真逆”です。

ボカしたいなら、被写界深度を”浅く”する。
パンフォーカスにしたいなら、被写界深度を”深く”する。
ということです。

では、実際にカメラをどう操作して、被写界深度をコントロールするのか?
続けていきましょう。

スポンサーリンク