「スマホでも十分キレイに撮れるじゃん!」
「どうして、わざわざ一眼カメラで撮ってるの?」

このように言われて、なんとなく上手に返せず、悔しい思いをしたことはありませんか?

もちろん、一眼カメラの方がキレイに撮れるのは間違いありません!
スマホよりも『大きいセンサー』と『大きいレンズ』で撮った写真が、簡単に負けるワケはありませんよね。

ただ、それぞれで撮った写真を、スマホやカメラの画面上で見比べたとき…
『パッと見では、差が分からない!』なんてこともよくあります。

その場で大きいプリントを見せたり、パソコンで拡大したりして見比べたら別ですが、それは大変です。
『面倒くさいやつ』と思われちゃいます…(笑)

今回はもっと簡単に、小さいモニターで見比べても『一眼って凄い!』と友達を納得させる作戦をご紹介したいと思います。

『スマホで撮る友達に「一眼の写真はやっぱり違う…」と言わせたい!』のお話です。

 

スマホのカメラも『覗くレンズと撮るレンズが同じレンズ』なので『一眼』。
『ミラーがないのでミラーレス』とも言えますが…

今回のお話では、
『スマホのカメラ』=『スマホのカメラ』
『一眼カメラ』=『いわゆる一眼レフやミラーレス一眼』

とさせていただきます(笑)

『iPhone6で撮影』の広告でハッキリわかった

最近のスマホは本当に写真がキレイに撮れます。

以前、話題になった…
『iPhone6で撮影』
というビジュアル広告を覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

僕も渋谷駅の通路で、思わず15分くらい立ち止まって見てしまいました。

何より写真のキレイさ・大きさが衝撃的。
そのあと、広告の上手さもじわじわと感じました(笑)
このインパクトに、カメラ買う人がさらに減ってしまわないか心配です…

iPhone6のセンサーの画素数は『約800万画素』です。
「意外に控えめな画素数なのね」と思う方もいると思いますが…

これは、ただコストダウンでケチったワケではありません…
『画素数を抑えて、1画素分の面積を大きくした』ということなのです。

デジタルカメラは『1画素の面積』が大きいほど、色や階調などの再現が豊かで、自然でキレイな描写ができます。

暗いところでもキレイに撮れるのは…
某有名社長が「2000万画素ですよ!みなさん!2000万画素だから写真がキレイなんです!」という通販のカメラよりも…
『1画素が大きいカメラ』の方なんです。

スポンサーリンク

『広角』で撮るなら、スマホでも十分キレイ!

iPhone6に付いているレンズは『広角(約29mm(35mmフィルム換算))の単焦点レンズ』です。

『iPhone6で撮影』の写真は、一流のクリエーターさん達が『小さいセンサーと広角レンズ』という制約の中で『アイディアで勝負』した作品です。

小さいセンサーは『ボケが出しにくい』という欠点がありますが…
逆に言えば『パンフォーカス(手前も奥もピントがあったように見える)で撮りやすい』という利点でもあります。

『小さいセンサー』に『広角レンズ』ですから、まさに『パンフォーカスのための組み合わせ』で『風景撮影』には最適です。

スマホ,一眼,写真,違い

やはり『iPhone6で撮影』の写真も『広い』『風景的』な写真が多かったと思います。

クリーエーターの『すごいアイディア(写真)』を『iPhone自体の凄さ』と思わせちゃうところがさすがです!

また、今は撮った後の『写真の見せ方や使い方』が、昔と全く違います。
ネットとの連携や、扱いの手軽さなどの『写り以外のメリット』も合わせて比較すれば「スマホのカメラの方がいい!」という方が多いのも当然です。

ただ、しつこいようですが…
『広角』で撮る場合も『一眼カメラ』の方が『キレイに』『写真的に』撮れるのは間違いありません。

『望遠』で撮れば…その差は大きい

『広角側』で撮った写真をインスタグラムなどで見比べても、パッと見では『一眼か?スマホで撮ったか?』分かりにくいこともありますが…

『中〜超望遠側』で撮った写真を見比べると、あっさりと勝負がつきます。

スマホのカメラでも、ズームすれば一応『望遠』も撮れます。
ただ『デジタルズーム』ですので、画質が一気に悪くなるのは、皆さんもご存知の通りです。

そうなんです。
スマホのカメラの弱点は『望遠が苦手』という点です。
苦手というより…『撮れない』と言ってもいいかもしれません。

スポンサーリンク