「シャッター速度優先で撮ると写真が暗くなるのはどうして?」

このように聞かれることが本当に多いです。

写真が暗く写る原因は様々ですが…

ただ、「シャッター速度優先で撮ったとき…」と言われたら…
それはほぼ100%、シャッター速度が速すぎた(ただ速くしただけ)からです。

速いシャッター速度で撮ること自体は、撮る場所が明るければそんなに難しくありません。

でも!「暗い場所で」となると一気に難易度が上がります。
皆さんの腕とカメラとレンズの性能が試される過酷な状況です。(笑)

今回のお話は、暗い場所で速いシャッター速度で撮るにはどうしたらいいか?
難しいシーンなので、初心者さんにも分りやすいようにじっくりご紹介していきます。

 動いている被写体を止めて撮る設定は?

まず最初に「動いている被写体をピタッと止めて撮る設定」を確認しておきましょう。

撮影モードは「シャッター速度優先」に。
そして、シャッター速度は「1/500秒以上」に。

合わせて「撮影設定」は、以下のように設定するのが基本です。

ミラーレス,動きもの,撮影,オススメ,設定,初心者

写真の明るさは、いつも通り『露出補正』でしっかり微調整しましょう。

設定自体はそんなに難しくないハズです。


暗い場所では、シャッター速度を速くするだけではダメなんです

シャッター速度優先は、みなさんがシャッター速度を自由に決めるモードです。
絞りとISO感度は、カメラがその場所の明るさに合わせてコントロールしてくれます。

ただ、カメラにも限界があります。

絞りは開放まで開いた → もう明るくできない。
ISO感度は最高まで上げた → もう明るくできない。

「シャッター速度優先」で真っ暗ということは、カメラがコントロールできる絞りとISO感度の限界を超えたからなのです。

あとは、その場所の「暗さ」がそのまま写真に記録されるワケです。

シャッター速度優先,露出アンダー

カメラの限界を引き上げる

カメラは既にいっぱいいっぱいの状態ですが…
みなさんが少し手助けすることで、カメラの限界をもう少し引き上げることができます。

ISO感度をさらに上げる。

最初の手は「ISO感度をさらに上げる」ということです。

「ISO感度はオートでしょ?」と思われるかもしれませんが…

実は、ISOオートは、カタログスペック上の限界までは上げてくれない場合が多いんです。

ISO感度は上れば上がるほど画質が悪くなっていきます。
スペック上の最高感度まで上げると、もうそれは相当です…

「ISOオート」のデフォルト設定では、メーカーが決めた「画質が許されるギリギリの感度まで」しか上がりません。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

ISOを無理矢理上げるより、メーカーとしては、シャッター速度を遅くしてキレイな画質で撮って欲しいワケです。

ただ、今回の撮影でシャッター速度は譲れないので、ISO感度を超高感度に設定する必要があるのです。

FLOWERCAMERA,ミラーレス,一眼,カメラ,写真,教室,初心者,使い方,撮り方,

画質を捨てるか?
明るさを捨てるか?の厳しい選択です。

「ISO感度はどこまで上げればいいの?」

ISO感度をどこまで上げるか?
それはカメラの露出表示を見ながら判断すれば簡単です。

シャッター速度優先で暗く写ってしまうとき、カメラは「F値を点滅」させて教えてくれます。

ミラーレス,動きもの,撮影,オススメ,設定,初心者

ISO感度は、カメラを被写体に向けたまま「F値の点滅」が止まるところまで上げましょう。

 

もっとも簡単なのは…「ISO感度オートの上限値」を上げちゃう!

「ISO感度をどこまで上げるか?」は上記の通りです。

ただ、暗い体育館でも「どこも同じ明るさ」ではありません。

天井のライトの真下は周りより少し明るいでしょうし、ライトから遠いいところはやっぱり暗いはずです。

ISO超高感度の画質の荒れを少しでも軽減したければ、その場所場所の明るさに応じて、少しでも感度を下げて撮りたいところです。

ただ、撮るのに精一杯な状況の中で、ライトからの距離に応じてISO感度を上げ下げするのは、慣れている人でもなかなか難しいところです。

でも、今のカメラは優秀です!

「ISO感度オートの上限値を上げる」という設定をすることで、ココをカメラに任せてしまうことができます。

元々、ISO感度オートの上限は、メーカーが画質的におすすめできる、1600や3200くらい(抑えめ)に設定されています。

この上限値をカメラの持っている最高感度(25600など)に変更してしまいます。

設定は取扱説明書でご確認ください

「暗い場所で速いシャッター速度が必要」な撮影の際は、最初にこの設定をしてしまえば、後は「ISOオートのまま」、皆さんは撮ることに集中できます!(後はピント合わせですね…)

超高感度を使いながらも、ライトの真下などで少し明るいところなら、1段でも2/3段でもISO感度を下げてくれます。

本当に便利な機能なので、このようなシーンに挑むときはぜひ思い出してくださいね!

注:「暗い場所で速いシャッター速度が必要なシーン」が撮り終わったら、必ず「ISOオートの上限値」を元に戻しておきましょう!

「便利だからこのままでいいや!」と上限値を最高感度(25600など)にしたままにすると、今度、夜景を撮ったりするときでも、カメラがISO感度をまたMAX(25600など)まで上げてくれます…

ご注意ください。

他の手は?

シャッター速度優先で写真が暗く写ったら、まずはISO感度を。
そして、次に…と言いたいところですが…

無いんです。(笑)

写真は光がないと撮れません。
少なくても光があれば、シャッター速度を遅くすればいくらでも撮れます。

ただ、「速いシャッター速度で!」となると、本当に撮れません(=真っ暗)。

「いや、それでも何とか…」と言われれば…

明るいレンズに交換する。

もし明るいレンズをお持ちなら、まず最初に交換しておきましょう。

明るいレンズとは、開放F値がF2.8などと小さいレンズです。

動きモノのシーンは望遠レンズで撮ることが多いので、「明るい望遠レンズ」が必要になります。
ただ、この「明るい望遠レンズ」は、各メーカーでも高級ラインナップのレンズです。
お値段も、重さも相当な覚悟が必要です。(笑)

希望を壊すようですが、「明るいレンズに変えたらISO100で撮れる」というワケではありません。

今持っているレンズが開放F5.6、買おうと思っている「明るいレンズ」が開放F2.8とすれば…
「2段明るいレンズ」ということになります。

例えば、今持っているレンズで「ISO12800」でギリギリ撮れたとすれば…
明るいレンズを使えば「ISO3200」で撮れるということです。

または、もし同じ「ISO3200」で撮るなら、今持っているレンズは1/500秒で、明るいレンズなら1/2000秒で撮れるということです。

これでも凄くありがたいことですが、一気に限界が広がって、どんなところでも、どんな状況でも撮れるというわけではありません。

シャッター速度を妥協する。

他の手があるとすれば、シャッター速度を妥協するということです。

例えば、「1/125秒」 くらいまで遅くして…
動きが遅くなるタイミングを狙うとか…
動きが止まる瞬間を狙うとか…
流し撮りに切り替えるか…

難しいですが、撮り方をなんとか工夫するしかありません。(笑)

これ以上は本当に無理…

明るいレンズで、ISO感度をカタログ上の最高感度まで上げて、1/125秒くらいまで妥協して…

それでも「F値が点滅する、暗く写る」というときは、その場所は暗すぎて「動いている被写体をピタッと止めて撮る」のは本当に無理ということです。

 

さて、次のページでは、実際にカメラを操作してお話をまとめていきます。

スポンサーリンク