周りが「一眼レフ、一眼レフ」と言うので、「私のも一眼レフです!」って言ってたけど…

もしかしたら自分のカメラは「一眼レフ」ではないのかもしれない…

皆さんは大丈夫ですか??

今回は『一眼レフとミラーレス(一眼)の違い』をお話していきます。

私も実はよく分からない…

上の話で「私も実は分からない…」という方向けに。

① カメラにレンズを付けてレンズキャップを外します。

② カメラの電源はOFFのまま、ファインダーを覗いてみます。

ファインダーの中に像が見えていたら『一眼レフ』です。

ファインダーの中が真っ暗だったら『ミラーレス(一眼)』です。

ファインダーが付いていない方は…

とりあえず『一眼レフ』のカメラではないはずです。

また、あまり不必要にレンズを外すのはオススメしませんが、レンズを外して実際にミラーがあるか?ないか?見ることも出来ますね。

初めてミラーレス(一眼)を買ってボディキャップを外した時、センサーが丸見えなので『おぉ』と驚かれる方もいらっしゃったかもしれません。

koneta-20150910-005


一眼レフのレフって?

『一眼カメラ』というのは、覗くときも撮るときも、同じ1つの眼(レンズ)を使うカメラです。

では、レフとは何なんでしょうか?

フィルムの時代に『覗くと撮るを1つの眼(レンズ)で出来ないか?』と考えたとき、頭のいい人が「ミラーを使ってファインダー(覗く)とフィルム(撮る)に光を送り分ければいいんじゃないの?」と考えました。

覗くときは、レンズからの光をミラーで『反射』させてファインダーに送る。

この『反射(レフレックス)』が『レフ』の意味です。

撮る瞬間はミラーを素早く退けて、光をフィルム(センサー)に送る。

このように、ミラーをパタパタ動かすことによって、1つのレンズの光をレンズとフィルムに送り分けるのが『レフレックス機構』です。

ミラーレスはレフレックスするのをやめたからミラーが要らない

『ミラーレス』は『レフレックス』するための『ミラー』を外してしまったシステムです。

レンズからの光は常にセンサーに送られ、ファインダー(無いカメラもありますが…)には、センサーから電子的に像が送られます。

この仕組みはデジタルだから可能です。

ミラー周りが無い分カメラは小型に、そして軽く出来ます。

図で見ても、ミラーレス(一眼)の方がメカ構造がシンプルなのがお分かりになると思います。

また、ミラーボックスや、ファインダーに光を送るペンタ部分の構造や部品が要らないので、その部分の故障や精度の心配がありません。

ミラーがパタパタすることが無いので、パタパタのショック(ミラーショック)が無くなりますし、ゴミが中で舞う?なんて心配もなくなります。

背面モニターを使って『覗いたり・撮ったり』するときは、基本的にどのデジタルカメラも同じ仕組みです。

レンズからの光を常にセンサーに当てて、処理した像をモニターに送っています。

koneta-20150910-004

カメラの構造の違いはありますが、背面モニターを使うときの仕組みは、コンデジもスマホのカメラも基本的に同じです。

同じ『ファインダー』でもミラーの有る無いで大きく違う

これはファインダー付きのカメラでのお話になりますが…

ミラーが有るカメラのファインダー =『光学ファインダー』

ミラーが無いカメラのファインダー =『電子ファインダー』

となります。

「光学ファインダーじゃなきゃ嫌だ!気持ち悪い!」という方も入れば…

「電子ファインダーの方が便利で撮りやすい!」という方もいます。

それぞれのファインダーの『良いところ・そうでないところ』が違います。

光学ファインダーがどうしても必要なら一眼レフを選びますし…

電子ファインダーでも全然OKとか、あんまりファインダー使わないし…という方は、ミラーレスでも大丈夫ですしオススメです。

2つのファインダーの違いは、友人に借りたり、お店に行って是非1度見比べるのをオススメします。

オートフォーカスの仕組みが違う

また、『一眼レフ』と『ミラーレス(一眼)』では、オートフォーカスの仕組みが違います。

一眼レフのオートフォーカスは『位相差AF方式』

カメラはまず被写体までの距離を測ります。

被写体の距離が分かったら、その位置に目掛けてレンズをスッと動かします。

ですので『位相差AFは早い』と言われます。

また、動く被写体を撮る時も『被写体との距離が分かる』ので、被写体が前後どちらに動いたのかが分かります。

それに合わせて『レンズを前後どちらに動かしたら良いのか』の判断が素早く出来ます。

ですので『位相差AFは動きモノに強い』とも言われます。

ミラーレス(一眼)のオートフォーカスは『コントラストAF方式』

カメラはセンサーに写った像を見ながらレンズを動かします。

像を見ながらレンズを前後に微調整していって、像が一番クッキリしたら(コントラストが高くなったら)『ピントが合った』と判断します。

これはフィルム時代には無かった合わせ方です。

『実際の写真を見ながらピントを合わせる』ので『コントラストAFはピントの精度が高い』と言われます。

顔認識なんて言うのも、コントラストAFならではの合わせ方です。

『ミラーレス(一眼)は動きモノに弱い』というお話を聞いたことがありませんか?

動きモノが苦手な理由は、コントラストAFが『被写体との距離が分からない』からなんです。

『位相差AF』のように前後どちらに動いたのか?が判断できないので、どうしても遅れて遅くなってしまうのです。

でも今はだいぶ違ってきていますよ!

『位相差AF』の仕組みをセンサー上に載せたり、前後の空間を認識できる技術を載せたりと『ピント合わせの速度』や『動きモノへの反応』に新しい技術で対応させています。

ミラーレス(一眼)のAF性能に関しては、登場当時から散々に言われてしまいましたので、メーカーも最優先課題の勢いで性能を上げてきています。

もう普段使いで『ミラーレス(一眼)のAFは遅い…』というのは感じられません。

さらに、『動きモノにも強いミラーレス』を探すなら『像面位相差センサー』などとキーワードでお店の方に聞いてみるといいですよ!

ただ『動きモノに強い一眼レフやミラーレス(一眼)』でもカメラは機械ですので、何が何でも100%ピントを合わせてくれるワケではありません…

練習してコツを覚えるのが大切です!

これからの一眼カメラは?

『一眼レフ』と『ミラーレス(一眼)』のシェアを比較した場合、現状はまだ『一眼レフ』の方が多いです。

ミラーレスは新しい規格なので専用のレンズが必要です。

これまでカメラを楽しんで来られた方は、既にレンズをたくさん持っている方も多いので、簡単に『全部買い換え!』というわけにはいきません。

「アダプターを付ければ今までのレンズも使えるよ!」

確かにそうなんですが…AF速度が急に遅くなったり、小さいボディに大きいレンズのバランスの悪さなど…カメラの性能が制限されることもよくあります。

今後は『ミラーレス(一眼)』が『一眼レフ』のシェアを超えていくとも言われています。

(数年前の予測より少し伸びが弱めな気もしますが…)

『ミラーレス(一眼)』は、デジタルならではの使い勝手の良さや、欠点を克服する技術改良のスピード、今後の新技術への期待などなど、海外のプロカメラマン達の評価も上がってきています。

風景撮影の微妙な露出具合など、電子ファインダーの撮りやすさはとても便利です。

『動きモノ』を主に撮影するのでなければ、いちばんはじめのカメラは『ミラーレス』で充分…というよりオススメです!

この先はシステムの完成度をさらに上げて『大きいミラーレス(一眼)』なんていうのも出てくるんではないでしょうか?

もう『小ささ』を売りにしなくても、システムの実力・魅力で勝負になる時代が来るんじゃないかと思います。

空いたスペースをただ削るのではなく、そのスペースに新しいデジタルのアイディアを詰め込んで『本当のデジタルカメラ』を見せて欲しいですね!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク