お花のしべにしっかりピントを合わせたい!
星にピントを合わせたい!

今のカメラのオートフォーカスは優秀ですが…
常に100%、皆さんの希望通りにピントを合わせてくれるか?というと…
さすがにそれは無理なお話です。

どうしてもココに合わせたい!
でも、オートフォーカスじゃなかなか合わない…

こんな場面に遭遇したら…
やはり『マニュアルフォーカス』に切替えて、自分の目と手で合わせるしかありません。

「でも、マニュアルフォーカスなんて全く自信がない…」
という方も少なくないと思います。

僕も相当苦手です…
と言うよりもAFに慣れすぎて、できなくなりました(笑)

でも、皆さんお使いのデジタルカメラには…
『新しいピント合わせ』の機能がついています!

今回は『ライブビューの画面を拡大して、マニュアルフォーカスでじっくりピントを合わる』お話です。

ぜひ覚えてくださいね!

厳密なピント合わせをする場合、まずは三脚が必要です!

はじめに、厳密なピント合わせをしたいときには三脚が必須です。

せっかくこだわって、厳密にピントを合わせても…
その後、少しでも自分が動いてしまったら、結局ピントはズレてしまいます…

特に、絞り開放のマクロレンズで接写などという場合は…

マニュアルフォーカス,MF,拡大,ピント合わせ,ミラーレス

前後に1cm動いただけでもピントがズレてしまいます。


ピントにこだわるなら『ライブビュー+拡大』でしっかり合わせる!

では早速、ライブビューを使った『拡大ピント合わせ』をやってみましょう!

できれば、カメラを三脚に固定するのがオススメですが…
手元にない場合は、カメラを机の上に置きましょう。

まず『ファインダー撮影』から『ライブビュー撮影』に切り替えます。
切り替えのボタンがあったり…
ミラーレスなら、ファインダーから目を離すと自動的にライブビューに切り替わるカメラもあります。

次に『フォーカスモード』を『マニュアルフォーカス(MF)』に切り替えます。
カメラ側の設定で変えたり…
レンズ側に切り替えスイッチがあったりします。

ここまでは簡単ですね!

カメラが固定されていると、操作に集中できます。
これだけでも、ファインダーよりピントを合わせやすく感じるハズです。

次に、画面を拡大する操作に移ります。

ライブビューの拡大

取扱説明書で『ライブビュー撮影』と『ライブビューの拡大』のページを確認してみましょう

『拡大ピント合わせ』で覚えておきたいのは…

① 画面を拡大する操作
まずはじめの操作です。
だいたいどのカメラも『拡大ON』のボタンがあるハズです。

② 拡大率を変える操作
どのくらい拡大するか?を決める操作です。
2倍・5倍・10倍・14倍などと選べるカメラが多いです。

③ 拡大画面を上下左右への動かす操作
画面を拡大していますので、隠れている部分があります。
その上下左右に隠れている部分を表示させるため操作です。
どこを拡大したいのか?を決める大事なポイントです。

④ 拡大画面を元に戻す操作
ピントを合わせた後など、全体を確認したい時などに必要な操作です。
どんな操作でもそうですが…
『元に戻す』という操作はとても重要です。

これだけ覚えておけば大丈夫です!

koneta-20150717-004

拡大中の画面に表示されるマークも覚えておきましょう!

マニュアルフォーカス,MF,拡大,ピント合わせ,ミラーレス

どのカメラでも、拡大中はこんな感じの画面になると思います。

◎ 画面上の『上下左右の三角矢印』は、その方向に、画面の続きがあることを教えてくれています。

◎『右下の表示』は、画面全体のどの部分を拡大しているかを教えてくれています。

◎『左下の表示』は画面の拡大率を教えてくれています。

『拡大ピント合わせ』を覚えたら…
何か被写体を見つけて撮ってみましょう!

普段なら難しい、ピンポイントのピント合わせができるハズです。

この、モニターを見ながらのピント合わせは…
実際に『写る写真』を見ながらピントを合わせるという感覚です。

カメラも固定していますし、他のどんな方法よりも確実なピント合わせが可能です!

ピントリングを触るだけで、自動的に拡大してくれるカメラもあります。

最近のミラーレスに多いのが『MFアシスト』という設定です。

この『MFアシスト』が ”ON” になっていると…
マニュアルフォーカス中に『ピントリング』に触れるだけで、自動的に画面が拡大されたりします。
また『ピントリング』から手を離せば、自動で元に戻ります。

これを、便利と思うか、勝手なことをするなと思うかは皆さん次第ですが…(笑)

僕は後者です。
例えば、ピントを合わせた後、まだチェックしているのに『パッ』と元に戻ったり…
はじめ、大まかにピントを寄せていくときは『まだ拡大しなくてもいいのにな』と思ったりもします。

そもそも、拡大しなくてもいいときもありますよね?

ですので、僕は『MFアシスト』をOFFにして…
拡大・戻しは必要な時だけ、手動でするようにしています。

皆さんも自分のタイミングがあると思います。
手動で操作した方が使いやすいかもしれません。

ミラーレスはマニュアルフォーカスが得意!?

『電子ファインダー』付きのミラーレスなら…
ファインダー内でも『拡大ピント合わせ』をすることができます。

『拡大ピント合わせ』は、基本的に三脚が必要ですが…
拡大率を2倍など低めにすれば、手持ちのスナップ撮りの際にも使えます。

ミラーレスは、便利な機能や、新しい写真の撮り方がどんどん追加されています。
一眼レフとミラーレス一眼では『カメラの使い方』も違うんです。

さらにもう1つ…
ミラーレスならではの『新しいマニュアルフォーカスの合わせ方』があります。

それは『フォーカスピーキング』という…
ピントが合っている部分を ”色” で教えてくれる賢い機能です。

『拡大ピント合わせ』は三脚推奨ですが…
『フォーカスピーキング』は手持ちでもサクサク使えます。

普段使いで『マニュアルフォーカス』を使ってもイイと思えるくらい、便利な機能ですよ!

ミラーレス一眼はマニュアルフォーカスが得意?『フォーカスピーキング』で簡単MFピント合わせ!
でご紹介していますので是非チェレンジしてみてくださいね!


FLOWERCAMERAは
楽しく!なるべく簡単に! でも…
しっかり、キレイに撮れるようになりたい!
そんな皆さんのための

初心者さんにやさしいミラーレスのお教室

です。


スポンサーリンク